MyASPでLINE連携を行う際に必要な設定を教えてください

MyASPでLINE連携を行う際に必要な設定を教えてください。

※この機能は「スタンダードプラン」以上をご契約の場合のみ利用できます。

本マニュアルでは、
MyASPでLINE連携を行う際に必要な初期設定についてご案内します。

はじめに

Q. MyASPのLINE連携とは

現時点では、
MyASPとLINE公式アカウントを連携して、

  • 個別トーク

を行うことができます。

※今後のシステムアップデートにて、

  • 一括配信
  • ステップ配信
  • LINE経由でのアフィリエイト
  • メール配信に連動したLINEメッセージ送信

 などの対応を予定しております。

Q. 既存アカウントでも使えるの?

はい、既に現在利用中のLINE公式アカウントがある場合は、
そのアカウントを使って連携させることもできます。

※既存アカウントといっても、
「個人用のLINEアカウント」ではなく、
「LINE公式アカウント」が必要となります。

お持ちでない場合は、
はじめにLINE公式アカウントの新規作成を行っていただきます。

なお、既存のアカウントを利用する場合は
マイスピーと連携設定する前に追加されていた友達については
そのままでは反映されず、
マイスピーからは管理ができない状態になっています。

マイスピーの管理画面に反映させるためには、
MyASPとの連携設定後に、以下のいずれかの方法を実施いただく必要がございます。

  • 一度ブロックしてから、友だち追加をし直してもらう
  • 一度ブロックしてから、ブロック解除してもらう
  • ユーザー側からメッセージを送信してもらう

初期設定

1.ベーシックIDの設定

ここからは、マイスピーとLINE公式アカウントを連携するための初期設定について解説していきます。

1)MyASPトップ画面 > LINE連携管理メニュー を開きます。

line_01

2)LINE連携設定 を開きます。

line_02

3)基本設定 > 「ベーシックID*」 を設定するために、
ベーシックID入力欄下にある「LINE公式アカウント管理画面」を開きます。

line_03

4)LINEの公式アカウント管理画面にログインし、
「設定」をクリックします。

line_04

LINEのビジネスアカウントをお持ちでない場合は、
下記を参考にアカウント作成を行ってください。
https://www.linebiz.com/jp/manual/OfficialAccountManager/app/tutorial/step1/

5)アカウント設定 > アカウント情報
にある「ベーシックID」をコピーし、MyASPの画面に設定します。

line_05

6)必要に応じて以下2点の設定を行います。

月毎メッセージ制限数(警告) LINE公式アカウントでは、
契約したプランのAPI利用回数を超えた場合にLINE側から追加請求があります。

「月毎メッセージ制限数(警告)」を設定することで、
警告が表示され事前に制限数を検知する事ができます。

「月毎メッセージ制限数(警告)」は毎月リセットされますが、
運用上、月末にメッセージを多く送信したいときなどを考慮して
ゆとりを持った数字を設定しておく必要があります。
通常は10,000件が上限のため、設定数は「9,000件」をおすすめしています。

無料LINE公式アカウントの場合にチェック お持ちのLINE公式アカウントが、
「無料アカウント」の場合にはチェックを入れてください。

line_06

7)次の設定に入るため、必ずここで一度『⇒保存する』をクリックします。

line_21

2.WebhookとChannel secretの設定

1)LINEの公式アカウント管理画面で、

 設定 > Messaging API

を開きます。

line_07

ここからは初めてMessaging APIを設定する人向けの案内です。
既にステータスが「利用中」の場合は次の手順2)へ進んでください。

1-1)「Massaging APIを利用する」をクリックします。

line_07-1

1-2)開発者情報を入力して『同意する』をクリックします。

  • 名前(開発者名):
    このLINE Developersを作成・利用する人の名前を入力します。
  • メールアドレス:
    入力した名前(開発者名)のメールアドレスとして認識されます。

line_08

1-3)プロパイダーを選択、もしくは作成して『同意する』をクリックします。

プロパイダーとは、LINEプラットフォームを通じて
サービスを提供する個人、企業、またはその他の組織を指します。
プロバイダー名はLINEの認証画面で友だちに表示されるため、
アカウント名などをご入力ください。

line_09

1-4)『OK』をクリックして登録します。

プライバシーポリシー利用規約は任意入力です。
必要に応じて入力してください。

line_10

2)Messaging API画面に表示されている、
Channel情報の「Channel secret」をMyASPの画面に入力します。

line_11

3)ページ下部の『⇒保存する』をクリックします。

line_19

4)MyASPのLINE連携設定画面にあるWebhookURLをコピーして、
Messaging API画面の「Webhook URL」に貼り付けて『保存』をクリックします。

line_12

3.Channel access tokenの設定

1)MyASPの「Channel access token (long-lived)」欄の下にある
「LINE開発管理画面」リンクをクリックします。

line_13

2)LINE開発管理画面が開いたら、
左ナビから前述の「2.WebhookとChannel secretの設定」で作成したプロパイダー名を選択し、
Messaging API と表示されているユーザーをクリックします。

line_14

3)「Massaging API」タブを選択します。

line_15

4)Channel access token > Channel access token (long-lived)
の『Reissue』をクリックすると表示される
「Channel access token」をコピーしてMyASPの画面に入力します。

line_16
5)ページ下部の『⇒保存する』をクリックします。

line_20

4.LINEの公式アカウント側で必要な設定

1)LINEの公式アカウント管理画面で、

 設定 > 応答設定

を開きます。

line_17

2)以下のように設定します。

応答モード 「Bot」を選択
あいさつメッセージ 任意設定です。
「オン」にすると友だち追加されたときに自動でメッセージ送信されます。
メッセージ内容の設定は、同画面の「あいさつメッセージ設定」から行います。
応答メッセージ 任意設定です。
「オン」にすると、ユーザーからメッセージを受信したときに、事前に設定しておいたメッセージを自動返信します。
メッセージ内容の設定は、同画面の「応答メッセージ設定」から行います。
Webhook 「オン」を選択

line_18

■既に公式アカウントを利用している方へ

応答設定にて応答モードを「Bot」に設定した場合、
LINE公式アカウント管理画面の
「チャット」(ユーザーとの個別トーク)が利用できなくなります。

応答モード切り替え後にユーザーとの個別トークをしたい場合は、
MyASP内の
 LINE連携管理メニュー > 個別トーク
をご利用ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ