※この機能は「スタンダードプラン」以上をご契約の場合のみ利用できます。

シナリオ管理メニュー > 会員サイト記事追加・編集

から作成できる「会員サイト記事作成・編集」では、
会員サイトに掲載する記事の作成・編集をすることができます。

※会員サイトの作成方法については、
会員サイトの設定手順(設定の流れ)を教えてください。をご覧ください。
 
 

会員サイトの記事を変更するには

記事を新規で作成する

作成したい会員サイト記事カテゴリの「+新規追加」をクリックします。

 

既存の記事を編集する

既に作成した会員サイト記事の内容を変更したい場合は、
編集ボタン(緑の鉛筆マーク)をクリックします。

 

会員サイト記事作成・編集

 
番号 項目名 設定内容
カテゴリ 記事を作成するカテゴリが表示されます。
カテゴリを作成していない場合は、「カテゴリを作成する」をクリックすると、別タブで「会員サイト記事管理」画面が表示され、カテゴリを作成することができます。
記事タイトル 掲載したい記事のタイトルを入力します。
プレビュー 作成した記事のプレビューを別タブで表示します。

※挿入した置き換え文字は「※※[置き換え文字の名称]に変わります※※」で表示されます。
※全体のスタイルはheader1.htmlにあるLINK及びSTYLEタグのみ反映されます。
※記事内のAタグリンクは別タブで開くことができます。SCRIPTタグはそのまま実行されます。

参考:会員サイトは、WEBデザイナーによりデザイン変更するなど、高度なカスタマイズが可能なのでしょうか?
スタイル定義 会員サイト記事のデザイン定義ファイルの編集画面を別タブで開き、編集することができます。

参考:会員サイトは、WEBデザイナーによりデザイン変更するなど、高度なカスタマイズが可能なのでしょうか?
形式 記事本文の形式を「コードエディタ」または「ビジュアルエディタ」から選択することができます。

関連:画面説明:HTMLエディタ
記事本文 掲載したい記事の本文を入力します。
自動変換処理 ※「コードエディタ」形式を選択した場合のみ表示されます。

下記にチェックを入れることで、記事表示時に自動でタグ変換されるため、本文に該当のタグを記載する必要がなくなります。
※定型文の置き換え文字については、チェックの有無に限らず、タグを含まない場合のみ変換処理されます。

改行をBRタグにする:
改行した箇所が自動でBRタグに変換されます。

URLをリンク(Aタグ)にする:
記載したURLについて、自動でリンクタグ(Aタグ)で囲ったURLに変換されます。
置き換え文字 本文に置き換え文字を挿入することができます。
置き換え文字を使用することで、ユーザーの氏名やアドレスなどの情報を本文に表示できるようになります。

関連:メールの本文に読者さんの名前を入れることはできますか?
 
 
番号 項目名 設定内容
アイキャッチ画像URL 画像URLを指定することで、会員サイトの記事一覧に表示するアイキャッチ画像を設定することができます。
アイキャッチ画像は、横256px 縦144px(16:9)で表示されます。

※アイキャッチ画像は、「会員サイト管理」のメニュー構成で、「記事カテゴリ」を選択している場合のみ表示されます。

18627 20210216 01
※画像を直接アップロードすることはできません。
会員サイトディレクトリなどにアップロードした後、画像URLを指定してください。
画像のアップロード方法はこちらをご覧ください。
10 メモ欄 各記事に対するメモを残すことができます。
ユーザーには公開されない情報のため、掲載した記事を管理する時等にご活用ください。
また、入力したメモは「会員サイト記事一覧」や「会員サイト記事詳細」に表示されます。
11 会員サイト記事公開設定 公開状態:
記事を公開するか、非公開にするかを選択します。

隠しページ設定:
記事を会員サイトの記事一覧に表示するか、非表示にするかを選択します。
記事一覧に表示しない場合は、記事のURLを知っているユーザーのみがアクセスできるようになります。

公開時期:
記事の公開時期を、登録日(配信基準時間)の経過時間や、全員同じ公開日などから設定します。
「公開終了日を指定」にチェックを入れると、公開終了日を指定することができます。

公開条件:
「詳細設定」にチェックを入れると条件の設定画面が表示され、特定のユーザーだけに記事を公開する設定ができます。
条件を満たしていないユーザーに対しては、アクセスされた時に遷移させるページのURLや、表示する内容を設定することもできます。
条件を指定していない場合は、すべてのユーザーに記事が公開されます。
12 公開前、公開後の挙動 11で設定した公開時期の前、または公開終了日後にアクセスされた場合に、表示するページを設定することができます。
「詳細設定」をクリックすると、遷移先URLを指定したり、表示するページの内容を設定することができます。
遷移先URLや表示内容を設定しなかった場合は、「公開終了しました」と記載されたページが表示されます。

公開前の挙動:
公開時期の前にアクセスされた場合に表示するページを設定します。

公開終了後の挙動:
公開終了日を指定していた場合、公開終了後にアクセスされた際に表示するページを設定します。
 
 
番号 項目名 設定内容
13 初回アクセス時に実行するコマンド ステップメールグループ移動:
対象シナリオの指定したステップメールグループに移動し、移動後グループのステップメールが配信予約されます。
移動前グループの配信予約中のステップメールはキャンセルされ配信されなくなります。

「移動先グループが移動元グループと同じ場合は動作させない」にチェックを入れると、指定したグループが移動元グループと同じ場合にステップメールを再度配信予約することを防ぎ、ループ配信を防止することができます。

指定したシナリオへの登録:
指定したシナリオにユーザーを登録することができます。

フリー項目値の変更:
指定したフリー項目について、固定値をセットしたり、値を加算・減算することができます。

ポイント追加:
指定したポイントについて、ポイントを付与することができます。

参考:「ユーザー共通 ポイント数」と「シナリオ別 ポイント数」の違いは?
14 条件によって他のページに移動させるコマンド 記事にアクセスされた際に、フリー項目の値から条件に一致した人のみを他のページに移動させることができます。
最大で3つまで条件を設定することができます。
15 メール通知 チェックを入れると、記事が公開された際にユーザーに通知メールを送ることができます。

参考:会員サイトに記事を投稿したらユーザー(読者)に通知することはできますか?
16 戻る 前の画面に戻ります。
会員サイト記事作成・編集画面で編集した内容は保存されないため、ご注意ください。
17 保存する 作成した記事の内容を保存します。