SPF設定(Xサーバーでドメインを管理されている方向け)

「SPF」とは、メールの送り主(差出人)が、
どのサーバーからメールを送りますよ、
というものを公開するための仕組みです。

マイスピーのサーバーで使用しているドメイン自体にも、SPFの設定はしてありますが、
差出人アドレスに別ドメインのメールアドレスを使用する場合は、そちらのドメインでも設定しておくことで到達率を高めることができます。

Xサーバーでドメインを管理している場合の具体的な操作手順はこちらの動画でご確認ください↓

動画で説明しているように、
ドメインのTXTレコードに、
—-
v=spf1 +mx include:myasp.jp ~all
—-
を追加してください。上記は普段のメールサーバーとマイスピーからのメール送信を認める設定となります。

他社配信スタンドも併用されている場合は、
—-
v=spf1 +mx include:myasp.jp include:1lejend.com ip4:203.183.142.128/25 ~all
—-
というように必要な分だけ追加してください。
(上記の設定で、普段のメールサーバーとMyASPとアスメルとAutoBizから送る設定になります)

また、すでにSPFレコードを設定されている方は、
「include:myasp.jp」
がマイスピー用のSPF設定となりますので、
これを既存のSPF用TXTレコードの「~all」の前に追加していただくだけでOKです。

“SPF設定(Xサーバーでドメインを管理されている方向け)” への1件のフィードバック

  1. […] 4)差出人アドレスに使うドメインのSPFの設定が正しくできていなかった ※SPFとは […]

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ