本マニュアルは、PayPal(ペイパル)決済の新バージョン「PayPal Checkout」の連携方法に関するマニュアルです。
旧バージョン「ウェブペイメントスタンダード」の連携方法については下記のマニュアルをご覧ください。

関連:PayPal決済の導入~販売設定の流れ

2023年7月6日のシステムアップデートにて、PayPal Checkoutの「定期決済」が利用できるようになりました。

はじめに:PayPalアカウントの用意

PayPalアカウントについて

PayPalには以下のアカウントがございます。

  • パーソナルアカウント
  • ビジネスアカウント

パーソナルアカウントは、
個人での購入専用アカウントのため、販売用には使用することができません。
必ず、ビジネスアカウントをご利用ください。

補足情報

  • PayPal CheckOutで従量課金を利用するためには、PayPalによる事前審査が必要です。

PayPalによる事前審査の依頼は、こちらのページの「メッセージを送る」から「事前承認決済(リファレンストランザクション)を利用するための審査・設定を希望」とPayPalへお問い合わせください。

  • 購入者がPayPalアカウントを持っていない場合でも、クレジットカードでのお支払いが可能です。
    クレジットカードでのお支払いを有効にしたい場合は、別途PayPal側での申請・審査が必要です。

※「販売設定」の決済手段:クレジットカード決済のご利用を希望する場合は、PayPalの「Advance Card Payments」へのお申込みと審査が必要です。
 こちらのお申込みフォームからPayPalへお問い合わせください。

  • 販売する商材によっては、PayPal決済をご利用いただけない、もしくは、事前に審査が必要になる事があります。
    また、後日追加でPayPalより審査の対応依頼がある場合もあります。
    詳細については、こちらのページをご覧の上、商材が該当する場合やご不明点がある場合はPayPalへお問い合わせください。

    PayPalホームページ

PayPal決済の使用方法

1.PayPalとMyASPを連携します

MyASPトップ画面 > 全体操作メニュー > 基本設定 > 決済連携設定

をクリックします。

「決済連携設定」画面で、「PayPal決済の使用」にチェックを入れ、
「PayPalアカウントメールアドレス」欄に はじめに:PayPalアカウントの用意 で用意した
PayPalビジネスアカウント契約時のメールアドレスを入力します。

「PayPal Checkout(新バージョン)の設定はこちら」をクリックし、
表示された「Client ID」と「Secret」を入力します。

はじめに、画面上に書かれている「PayPal Developerのダッシュボード」のリンクをクリックして
Paypal Developer Dashboardを開きます。

右上から「Live」モードに切り替えます。

Apps & Credentials をクリックします。


「Create App」をクリックします。

App Nameに「MyASP」と入力し、「Create App」をクリックします。

Appが作成されたら、「Client ID」と「Secret key 1」をコピーして、MyASPの決済連携設定画面に入力します。

※Secretの情報が隠れている場合は、目のアイコンをクリックすると表示されます。

Secret keyが「Disabled」(無効)になっている場合、MyASPとの連携ができません。右側の「…」より「Enable」をクリックして有効化してください。

App作成後に表示されるEdit画面内の「Features」欄の『Vault』にチェックが入っていることを確認してください。
入っていない場合は、チェックを入れて『Save Changes』をクリックして保存してください。

MyASPの決済連携画面に設定ができたら、「更新する」をクリックして設定内容を保存します。

次に、Webhookの設定を行います。
決済連携設定画面にある説明欄手順4の「Webhook URL」に記載されているURLをコピーします。

PayPal Developerのダッシュボードに戻り、
作成したAPI詳細ページの下部にある「Live Webhooks」の『Add Webhook』をクリックします。

決済連携設定画面でコピーしたWebhook URLを貼り付けます。

「Event types:」の『All Events』にチェックを入れます。
これにより、すべての項目にチェックが入ります。

設定ができたら下部にある『Save』をクリックします。

Event Trackedが『All Events』になっている、設定したWebhook URLのWebhookが追加されたら設定完了です。

2.MyASP上で、販売設定を作成します

初期設定が終わると、「有料商品」シナリオの

シナリオ管理メニュー > 販売設定

の「支払方法」で「PayPal決済」を選択できるようになります。

参考:画面説明:販売設定

一括決済・従量課金決済

支払方法で「クレジットカード(PayPal)決済(一括払い)」、もしくは「クレジットカード(PayPal)決済(従量課金)」を選択して設定します。

「料金」
課金したい金額を入力してください。

「バージョン」
「PayPal Checkout(新バージョン)」を選択します。

「決済手段」:
「ペイパル決済」と「クレジットカード決済」を選択できます。


【決済手段「ペイパル決済」】

PayPal側で用意された決済ページを使用して、購入者のPayPalアカウントからお支払いができます。
もしくは、下記の「決済設定(オプション)」で、「ゲストとしての支払いを有効にする」にチェックを入れることで、購入者のクレジットカードからお支払いができます。

「決済設定(オプション)」:
※決済手段で「ペイパル決済」を選択した場合のみ表示されます。
「ゲストとしての支払いを有効にする」にチェックを入れることで、決済画面に「デビットカードまたはクレジットカード」ボタンが表示されます。
購入者のクレジットカード情報を入力してお支払いができるようになります。

決済設定(オプション)で「ゲストとしての支払いを有効にする」にチェックを入れた場合は、PayPal決済ボタンの他に『デビットカードまたはクレジットカード』のボタンが表示されます。

【決済手段「クレジットカード決済」】

MyASPの機能にある決済ページを使用して、直接クレジットカード決済が行えます。
購入者がPayPalアカウントを持っていなくても、カード情報を入力することで決済ができます。

また、MyASPの機能にある決済ページは、
シナリオ管理メニュー > 登録フォームデザイン
から、登録フォームのように決済ページのデザインを自由に編集することができます。

※「クレジットカード決済」のご利用には別途、PayPalへのお申込みと審査が必要です。
こちらのお申込みフォームからPayPalへお問い合わせください。

「動作環境(オプション)」:
「テスト環境を使用する」にチェックを入れることで、テスト決済モードになります。
課金されることなく事前に動作確認が可能です。
テスト決済についての詳細は以下のPayPalの公式マニュアルをご確認ください。

PayPal テスト環境 Sandboxの使い方

Sandboxを使ってテストしたい場合は、事前に、
MyASPトップ画面 > 全体操作メニュー > 基本設定 > 決済連携設定
のPayPal決済設定内にある「テスト環境(Sandbox)の設定はこちら」の欄よりテスト環境専用の設定が必要です。

参考:事前にPayPalとの連携テストをする方法を教えてください。

※テスト決済モードで動作確認をする場合、「テスト環境(Sandbox)の設定」が不十分な状態で「テスト環境を使用する」にチェックを入れると、下記のようなメッセージが表示されます。

PayPalの定期支払い

支払方法で「クレジットカード(PayPal)決済(定期支払い)」を選択して設定します。

具体的な支払い方法の作成についてはこちらをご覧ください。

MyASPの従量定期課金決済
※この機能は「スタンダードプラン」以上をご契約の場合のみ利用できます。

支払方法で「クレジットカード(PayPal)決済(従量定期課金)」を選択して設定します。


従量定期課金機能の設定方法や詳細は、下記のマニュアルをご覧ください。

参考:従量定期課金とは?

3.設定後の流れ

申込ページについて

シナリオ管理メニュー > 登録ページの表示

をクリックすると、登録フォームが表示されます。

このページで「確認する」ボタンをクリックし、確認画面で決済ボタンをクリックすると、
PayPalの決済画面、もしくは、クレジットカードの入力画面に遷移して、決済できるようになっています。

関連:登録フォーム用にシナリオを作ったのですが、外部のLPからリンクする場合のURLはどこから取得できますか?

決済の流れについて

購入者は、申込みフォームから以下の流れで決済を行います。

PayPalアカウントで支払う場合

黄色い「PayPal」ボタンをクリックすると、PayPalアカウントにログインをして決済を行います。

※「<」「>」アイコンをクリックすると次の画像を表示できます

  • 1.登録フォームで購入者情報を入力して申込みます。

 

PayPal決済(ゲスト決済)で支払う場合

黒い「デビットカードまたはクレジットカード」ボタンをクリックすると、購入者のクレジットカードで決済することができます。

※「<」「>」アイコンをクリックすると次の画像を表示できます

  • 1.登録フォームで購入者情報を入力して申込みます。

 

クレジットカードで支払う場合

確認画面で、クレジットカード情報を入力して決済を行います。

※「<」「>」アイコンをクリックすると次の画像を表示できます

  • 1.登録フォームで購入者情報を入力して申込みます。

 

決済の結果を確認する方法

決済の結果は、「売上レポート」の画面で確認することができます。

シナリオ管理メニュー > 売上レポート

申込があると、料金の受領状態が「未受領」で売上が追加されます。
PayPal側での決済が成功すると、料金受領状態が「受領済み」に変わります。

自動返信メールについて

MyASPでは購入者の購入ステップにあわせてメールを配信することができます。

 シナリオ管理メニュー > 自動返信・ステップ管理

事前に自動返信メール(ステップメール)を用意することで、
購入者の購入ステップに応じたメールを自動的に配信することができます。

ステップメールの各ステップは、下記の通りです。

項目内容
1申込時(支払前)申込後、決済前に送るメールを設定します。決済完了するとメールは送られずに消えますので、請求メール等に使用します。
2本登録完了時初回の決済完了後の自動返信メール・サンキューメールを設定できます。
3月額課金更新時定期決済利用時に、2回目以降の定期決済(更新)が正常に行われた際のステップメールを設定できます。
4月毎通知次回決済日のお知らせや有効期限切れ(更新分未決済)のステップメールを設定できます。
5本登録中メインのステップメールを設定できます。
6配信解除時配信解除時のステップメールを設定できます。
7PayPal関連PayPal側で課金失敗した際のステップメールを設定できます。

各ステップメールの設定に関しては下記の関連マニュアルをご参照ください。

関連マニュアル:
・マイスピーで有料商品を販売する方法~STEP3:クレジット決済(一括支払い)の場合
  > 4.自動返信メールの設定をする