PayPal決済の導入~販売設定の流れ

ここではPayPal(ペイパル)決済の設定方法を説明します。

0.PayPalアカウントの用意

PayPalには以下のアカウントがございます。

・パーソナルアカウント
・ビジネスアカウント

マイスピーと連携して、商品の販売にご利用されたい場合は、

ビジネスアカウントの契約が必要になります。

※パーソナルアカウントは、
 個人での購入専用アカウントのため販売用には使用することができません。

その他詳細につきましては、PayPalへ事前にご確認ください。

Paypalホームページ
【PayPal – 無料で新規登録】

1.PayPalの契約と初期設定について

MyASPでPayPal決済を行うには、

「PayPalアカウントメールアドレス(※)が必要となります。

(※)Paypalの契約時に登録したメールアドレスです。

PayPalとの契約完了後は、

TOP(全体操作メニュー)の「決済連携設定」から、

payjp_payconfig

下記3点の設定を行います。

【MyASPで設定すること】
 ・「PayPalアカウントメールアドレス」設定 

【Paypalのコントロールパネルで設定すること】
 ・「PayPalのIPN通知URL」設定
 ・ 文字コード設定

設定手順につきましては、以下をご参考ください。

「PayPalアカウントメールアドレス」設定

(1)「決済連携設定」画面の「Paypal決済の使用」へチェックを入れますと、

   「PayPalアカウントメールアドレス」の入力欄が表示されますので、

    Paypal契約時のメールアドレスを入力してください。

paypal_check

(2)「PayPalアカウントメールアドレス」を入力後、

   「更新する」ボタンをクリックすれば設定完了です。

「PayPalのIPN通知URL」設定

こちらの設定は「Paypalのコントロールパネル」で行います。

「PayPalのIPN通知URL」とは「決済連携設定」画面の

 「2)「PayPalのIPN通知URL」には下記を指定ください」

に記載されているURLの事を指します。

paypal_check2

Paypalのコントロールパネルログイン後(Paypalログインページ)、

以下のように「PayPalのIPN通知URL」を設定してください。

 歯車アイコン ⇒ アカウント設定 ⇒ ウェブペイメント ⇒ 即時支払い通知

詳細につきましては、下記マニュアルを参照ください。

マニュアル「PayPalと連動して決済を行うための設定をするには 」【・即時支払い通知(IPN)の設定】


文字コード設定

Paypalの決済を行う際に、決済画面の文字化けが起こっている場合があります。

その場合には、

Paypalのコントロールパネルログイン後(Paypalログインページ)、

 Paypal 言語のエンコード設定(https://www.paypal.com/cgi-bin/customerprofileweb?cmd=_profile-language-encoding)⇒詳細オプション

「その他のエンコードオプション」の項目を、以下のように設定してください。

・「エンコード方式」
 
⇒ UTF8

・「Paypalから送信されたデータと同じエンコード方式を利用しますか?」
 
⇒ 「はい。」を選択

・「保存」

詳細については下記の別マニュアルを参照ください。

マニュアル「PayPalと連動して決済を行うための設定をするには」【・エンコーディングのエラーが出る場合の設定】


2.販売価格の設定

販売価格の設定は、シナリオごとに設定します。

シナリオの新規作成

(1)TOP(全体操作メニュー) ⇒ 「シナリオ新規作成」から、

吉倉マニュアル2-1

(2)「有料商品(課金ありの商品)」を選択し、「次へ」をクリックします。

吉倉マニュアル2-2

(3)以下の2点を必ず設定してください。

  ・「シナリオ名(商品名)」に販売する商品名を入力
  ・「登録オプション」の「1つのメールアドレスで重複登録を許可する」

吉倉PayPalマニュアル6

(4)「⇒登録する」をクリックします。

こちらでシナリオの作成は完了です。

販売価格の設定

販売価格の設定画面は

 シナリオ管理メニュー ⇒ <時々設定する項目> ⇒ 「販売設定」

から設定ができます。

  • Paypal販売設定
  • テレコムjクレジット販売設定画面

また、登録フォームに複数の支払方法を設定したい場合は、

 販売設定 ⇒ 「金額・決済方法」 ⇒ 「支払方法の追加」ボタン

をクリックしますと、販売金額を設定するテーブルを追加することができます。

  • テレコムjクレジット販売金額を設定するテーブル追加ボタン
  • Paypal販売設定を設定するテーブルを追加後


3.Paypal決済選択

「2.販売価格の設定」で追加したテーブルの「支払方法」の項目で

Paypal決済を選択するとPaypal決済専用の設定ができます。

paypal 販売設定 paypalの選択

支払い方法 説明
クレジットカード(PayPal)決済(一括払い) クレジットカード払いの1回で全て支払う場合に選択します。
クレジットカード(PayPal)決済(月額課金) クレジットカード払いの1ヶ月毎で支払う場合に選択します。
クレジットカード(PayPal)決済(定期支払い) クレジットカード払いの継続・分割で支払う場合に選択します。

クレジットカード(PayPal)決済(一括払い)

(1)一括決済の設定する場合は、

   販売設定の「支払方法」で”クレジットカード(PayPal)決済(一括払い)”を選択します。

paypal 販売設定 paypalの一括支払

(2)「料金」に金額を入力し「変更する」ボタンを押して設定保存します。

クレジットカード(PayPal)決済(月額課金)

(1)月毎決済を設定する場合は、

   販売設定の「支払方法」”クレジットカード(PayPal)決済(月額課金)”を選択します。

ペイパル 販売設定 月額課金選択

(2)「料金」に金額を入力し、「変更する」ボタンをクリックします。

    こちらで、販売設定は完了となります。

クレジットカード(PayPal)決済(定期支払い)

(1)定期決済の設定をする場合は、

  「販売設定」の「支払方法」”クレジットカード(PayPal)決済(定期支払い)”を選択します。

ペイパル 販売設定 定期支払 選択

(2)販売設定の「支払サイクル」に「金額」と「支払サイクル」を設定します。

吉倉PayPalマニュアル8

分割決済をしたい場合は、

”分割払いとして使用”へチェックを入れたあとに、

「金額」と「支払サイクル」を設定してください。

吉倉PayPalマニュアル4

また、お試し期間を設定したい場合は

「お試し期間」に、

初回決済時の手数料を指定したい場合は

「手数料」

「金額」と「支払サイクル」を設定します。

吉倉PayPalマニュアル5


7.自動返信メール

MyASPではユーザーの購入ステップにあわせてメールを配信することができます。

ステップメールの設定画面は、

 シナリオ管理メニュー ⇒ <時々設定する項目> ⇒ 「自動返信・ステップ管理」

から設定をすることができます。

詳細につきましては、下記をご参考ください。

項目 内容
申込時(支払前) 申込後、決済前に送るメールを設定します。決済完了するとメールは送られずに消えますので、請求メール等に使用します。
本登録完了時 登録時の自動返信メール・サンキューメールを設定できます。
本登録中 メインのステップメールを設定できます。
月毎課金更新時 2回目以降の課金完了時に送る自動返信メールを設定できます。
月毎通知 1回目を含む、課金完了時に送る自動返信メールを設定できます。
配信解除時 配信解除時のステップメールを設定できます。
Paypal関連 課金失敗時や定期支払いキャンセル時のメールを設定できます。


8.補足説明

一連の動作確認方法(テスト決済)

paypalの接続設定が正しく機能するかどうかを確認するためには、

支払金額を1円に設定し(注)、実際に決済することで確認することができます。

注)1円の費用が掛かります。

以下手順を説明します。


(1)該当シナリオの管理メニューから「販売設定」をクリックします。

paypal 販売設定 赤枠


(2)「支払方法」の欄からクレジットカード(PayPal)決済(一括払い)を選択します。

paypal 販売設定 paypalの一括支払

(3)「料金」に「1円」を入力し「変更する」ボタンを押して設定保存します。

吉倉PayPalマニュアル7

(4)該当シナリオの登録フォームから1円決済の支払い方法を選択して申し込みます。

paypal 1¥決済フォーム


(5)paypalの決済ページが表示されますので、決済処理を行います。

paypal 1¥決済画面

(6)決済処理が完了していることを該当シナリオの「ユーザー一覧」で

   テスト登録したアカウントの「売上詳細」(¥マーク)をクリックしてを確認します。

paypal 売上詳細をクリック

(7)売上詳細の画面で「受領済み」を確認できれば、正しく決済ができています。

paypal 1¥決済受領後画面

※販売用アカウントで自社商品を買おうとすると、

「この買い物の売り手のアカウントにログインしています。ログイン情報を変更してもう一度お試しください」

と表示されます。

自社商品で正しくpaypal決済されることを確認する時には

販売用アカウントとは別のアカウントで決済してください。

PayPalテスト決済時の注意_販売用アカウントと別アカウントでないと決済はできない_この買い物の売り手のアカウントにログインしています。

「不正なURLです」と表示される場合の対応

決済画面を確認しようと「置き換え文字」の「支払用URL」を

クリックしたとき「不正なURLです」と表示される場合があります。

エラー:不正なアクセスです。



【原因】

「テスト配信」の機能を使用して

「置き換え文字」の「支払用URL」を確認した場合、

ユーザーの情報がないためにエラーになってしまいます。

(「不正なURLです」と表示される)

paypal  テスト配信の送信禁止


【対策】

決済画面を確認する場合は「テスト配信」からは配信せず、

テストユーザーに「一括配信」などから「置き換え文字」の「支払用URL」を

記載したメールを配信し、「支払用URL」のページが表示されるかを確認してください。

以下の画像をご参考ください。

paypal  置き換え文字

サブコンテンツ

このページの先頭へ