定期購入の商品について、購入者(ユーザー)自身が好きなタイミングで課金を停止することはできますか?

はい、「退会ページURL」の置き換え文字を記載したメールを用意することで、ユーザー側で退会ページにアクセスし定期決済を停止することができます。

退会ページURLの案内方法

メール作成画面の「置き換え文字の挿入」から「支払い用URL、退会URL > 退会ページURL」を選択し、退会ページURLの置き換え文字を挿入して配信することで、ユーザー個別の退会ページURLを簡単に送ることができます。

※自動的にそのユーザーが利用している決済の退会ページURLに置き換わって配信されます。

よくある質問

「退会ページURL」の置き換え文字はどの決済代行業者でも利用できますか?

以下の決済代行業者は、外部から定期決済の停止が行えないため、MyASPの「退会ページURL」から定期決済を止めることができません。

  • PayPal旧決済(ウェブペイメントスタンダード)
  • AQUAGATES

そのため、各々、決済代行業者の仕様にしたがって、定期課金を停止してください。

関連マニュアル:決済代行業者の定期課金を停止する方法

「退会ページURL」を使えば、自動的にMyASPの購読状態も『配信解除』になりますか?

メルマガの購読解除と決済停止は別扱いとなるため、定期決済を停止しただけではメールの配信を停止することはできません。

定期決済を停止したユーザーについて、メルマガ購読も一緒に解除したい場合は、「定期支払いのキャンセル」にステップメールを作成し、

 配信後に実行するコマンド > 配信解除

から、配信解除するようご設定ください。

関連マニュアル:PayPalの定期課金が停止したら、自動的にメール配信を停止することは可能でしょうか?