HTMLメールを作成するときのガイドライン

HTMLメールはメール作成画面で、
「メール形式」の項目で「HTML」
選択することで送ることができます。

また、2020年8月20日のシステムアップデートより、
HTMLエディタがバージョンアップしたことで
簡単にHTMLメールを作成することができるようになりました。

使い方につきましては、こちらをご覧ください。

HTMLメールを作成する際の注意事項

HTMLエディタの「ビジュアルモード」でHTMLメールを作成する場合は、
とくに問題ありませんが、
「コードエディタ」でご自身でHTMLを書いていく場合の注意事項となります。

・タブ文字は空白に置き換える
 ※Tab文字を入れてしまうと、メールソフトによっては
  解釈エラーで崩れてしまうことがあります

・headのmetaタブの文字コードはutf-8を指定
 ※マイスピーで、HTMLメールの本文に使用する日本語のエンコーディングが
  UTF-8を使用しているため

・テーブルレイアウトを使用する
 ※CSS3には非対応のメールソフトが多いため
 ※tableのほか、p,div,spanなどの基本的なタグを中心に組みます。iframeやHTML5系のタグは非推奨です。

・インラインCSS(各タグにstyle属性で指定)を使う
 ※インラインCSSは横に長すぎると送信時にレイアウトが崩れてしまう恐れがあります。
  そのため、適宜改行を用いるようにしてください。
 ※外部CSSファイルを指定する方法は、非対応のメールソフトが多いです。

・画像は、外部サイトにアップしてURL参照する形にするか、
 URLに埋め込む方式(URLスキームでBASE64エンコード)で行います。
 ※添付ファイルに付けるだけでは参照出来ません

・JavaScriptやJQueryも使わない
 ※基本的に動かないケースが多いです。

・HTMLメールのサンプル
 ※下記からテンプレートがダウンロードできます。
  適宜改変してご利用いただければ幸いです。
 
  サンプルHTMLメールのテンプレート

HTMLメールの利用方法

マイスピーでは、メールを送るだけでなく
HTML形式にすることで利用できる機能があります。

詳細な設定方法につきましては、
別途マニュアルをご用意しておりますので
それぞれご参考にしてください。

画像付きのメール送信は可能でしょうか?
マイスピーで配信したメールが開封されたかを簡単に確認(開封率の測定)することはできますか

サブコンテンツ

このページの先頭へ