ダブルオプトインの導入方法を教えてください。

ダブルオプトインの導入方法を教えてください

ダブルオプトインとは?

広告や宣伝を含むメルマガを配信する場合、
特定電子メール法によって「オプトイン」が義務付けられていますが、
オプトインの形式には、「シングルオプトイン」と「ダブルオプトイン」があります。

特定電子メール法とは?

特定の内容を含むEメール(特定電子メール)を送るためには、あらかじめ受信者の同意(オプトイン)が必要というものです。

特定の内容を含むEメールとは、下記のものになります。

「特定電子メール」とは、「営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人」である送信者が「自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信する電子メール」である。

電子メールの内容が営業上のサービス・商品等に関する情報を広告又は宣伝しようとするものである場合には、明らかに特定電子メールに当たるものである。
また、次のような電子メールについても、広告又は宣伝を行うための「手段として」送信されているものと考えられるため、特定電子メールに該当するものである。

ア)営業上のサービス・商品等に関する情報を広告又は宣伝しようとするウェブサイトへ誘導することがその送信目的に含まれる電子メール

イ)SNS(Social Network Service)への招待や懸賞当選の通知、友達からのメールや会員制サイトでの他の会員からの連絡などを装って営業目的のウェブサイトへ誘導しようとする電子メール


一方で、次のような電子メールについては、広告又は宣伝のための手段として送信されたものとは考えられず、特定電子メールには当たらないものもある。

ア)取引上の条件を案内する事務連絡や料金請求のお知らせなど取引関係に係る通知であって広告又は宣伝の内容を含まず、広告又は宣伝のウェブサイトへの誘導もしない電子メール

イ)単なる時候の挨拶であって、広告や宣伝の内容を含まず広告又は宣伝のウェブサイトへの誘導もしない電子メール

(引用元:総務省 特定電子メールの送信等に関するガイドライン

特定電子メールは、法律(特定電子メール法)によって、下記の制限があります。

(特定電子メールの送信の制限)
第三条 送信者は、次に掲げる者以外の者に対し、特定電子メールの送信をしてはならない。

 一 あらかじめ、特定電子メールの送信をするように求める旨又は送信をすることに同意する旨を送信者又は送信委託者(電子メールの送信を委託した者(営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る。)をいう。以下同じ。)に対し通知した者

 二~四 (略)

2・3 (略)

(引用元:総務省 特定電子メールの送信等に関するガイドライン

ダブルオプトイン方式のメリット・デメリット

シングルオプトイン方式の場合、
気軽にメルマガ登録できる半面、
メールの開封率が低かったり、メルマガの解約率が高いことがあります。

また、メールアドレスのみで登録できてしまうため、
メールアドレスを打ち間違えた状態で登録できてしまったり、
イタズラ登録(他人のメールアドレスで登録など)ができてしまいます。

この場合、届かないメールアドレスにメールを配信してしまったり、
「登録した覚えのない」の方にメールを配信することになり、
迷惑メール通報をされてしまうリスクもあります。

届かないメールアドレスにメールを送ったり、迷惑メール通報されることで、
配信サーバーの評価が下がってしまい、メールが届きにくくなってしまいます。

これに対して、ダブルオプトイン方式を導入することで、
2段階の承認を行ってメルマガ登録することになるため、
モチベーションの高い読者さんだけが集まりやすく、
一定以上のメールの開封率を維持しやすくなるだけでなく、

メールアドレスの打ち間違いやイタズラ登録の場合は、
仮登録の状態から先に進まなくなるため、
配信メルマガが送られることはありません。
このため、迷惑メール通報を受けるリスクも抑えることができます。

なお、実状は、ダブルオプトイン方式のデメリット(フォーム落ちが少なからず発生すること)を懸念してか、
ダブルオプトイン方式を使用している人は少なく、シングルオプトイン方式が主流となっているようです。
その対策の1つを本記事の下部「応用編」に記載します。

マイスピーのダブルオプトイン機能

マイスピーでは、メルマガ登録フォームの認証方式として
「ダブルオプトイン」を選択することで、
簡単にダブルオプトインの利用が可能となります。

このダブルオプトイン機能を利用した状態で、
登録フォームから登録した人は、一旦、仮登録状態となります。

仮登録状態になったユーザーに対して、
ステップメールの「仮登録時」というタブに用意したステップメールが配信され、
そのメールに記載されたURLから本登録してもらう流れになります。

具体的な設定方法につきましては、以下の通りです。

設定方法

登録フォーム基本設定

1)シナリオ管理メニューから「登録フォーム基本設定」ボタンをクリックします。

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。1

2)認証方式を「ダブルオプトイン」のチェックをONにして、「⇒変更する」ボタンをクリックします。

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。2

ステップメール

「登録フォームの基本設定」の認証方式を「ダブルオプトイン」を選択すると、
ステップメールの設定画面に「仮登録時」タブが追加されます。

登録フォームから登録した人は仮登録状態となり、
こちらのタブに設定したステップメールが配信されます。

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。3

(※ステップメールの編集画面の本文)

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。4

置き換え文字「%woptinurl%」というものが入っており、
実際に配信されると、
ダブルオプトイン用のフォーム画面に遷移するためのURLになります。

(※実際に配信されたメール本文)

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。5

ダブルオプトイン選択時確認ページ

「%woptinurl%」のURLにアクセスすることで、下記の画面が表示されます。
「送信する」をクリックすることで、本登録になります。

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。6

ダブルオプトイン選択時確認ページも登録フォーム同様、
「登録フォームデザイン」より編集することができます。
「登録フォーム基本設定」で「ダブルオプトイン」を選択することで、
「ダブルオプトイン選択時確認ページHTML」タブが追加され、
その画面で編集することができます。

参考資料:登録フォームの確認画面のデザインを変更するには?

ダブルオプトインの導入方法を教えてください。7

応用編

ダブルオプトイン方式にしたときのフォーム落ち(仮登録までで脱落してしまう人)への対策と、
既存読者リストのスクリーニング(読者選別)にも使える方法として、
2つのシナリオを使って、ダブルオプトインを取る方法もあります。

本来、メルマガを配信するシナリオとは別に、
もう1つシナリオを新規に用意します。

1)1回目の登録をした人のシナリオ
2)2回目の登録をした人のシナリオ

1回目の登録をしてくれた人に対して、もう一度、
「今後もメールが必要な方は、こちらから再登録をお願いします」
といった形で、新規シナリオの登録フォームを案内して、
再登録してもらうことで、ダブルオプトインとなります。

こちらの方法を定期的におこなうことで、
本当にメールが必要な方だけや、リアクションのあった方を抽出でき、
その濃いリストに対してのみ、メールを配信することができます。

そのとき、読者のメールアドレスが最初からフォームに入っているようにする方法ようにすることで、
読者に再度メールアドレスを入力する手間を省くことができます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ