「クリック時のオプション」>「フリー項目値」の使い方

「クリック時のオプション」>「フリー項目値」の使い方を教えてください。

「フリー項目値」のチェックをONにすることで、
指定したフリー項目に対して値を入力、もしくは数値の加算・減算を行うことができます。

画面説明

「クリック時のオプション」にある「フリー項目値」にチェックを入れると
下記の画像にある詳細設定ができます。

6378_20210218_03

番号 項目名 設定内容
フリー項目値(左) どのフリー項目をセットするか指定します
フリー項目値(中) 指定したフリー項目に固定値をセットしたり
フリー項目の値に対しての加算・減算をすることができます
フリー項目値(右) クリックした時に、登録したい文字列(単語)を設定したり、
登録されている数値に対して、加算・減算する数字を設定します

特記事項

同じメール内で、同じ短縮URLを何回もクリックしても最初の1回のみ動作します。
 ※加算、減算の設定をしていた場合、初回時のみ計算されます。

具体的な使用例

フリー項目1を「アンケート」としておき、
固定値セットで「興味あり」と登録しておくことで
短縮URLをクリックしたユーザーのフリー項目1(「アンケート」項)に
『興味あり』の文字列が登録されます。

1.事前準備

「登録フォーム設定」の「登録項目」設定画面で、
フリー項目の1つを使って、「アンケート」の項目を作ります。

 設定例)
  ・項目名:アンケート
  ・キー :free1
  ・形式 :隠しデータ
  ・利用 :チェック ON
  ・必須 :チェック OFF
  ・初期値、選択肢:(空欄)

6378_20210218_02

2.ステップメール側の設定

短縮URLをクリックしたことを知りたい短縮URLには、
「分析オプション」の「短縮URL(クリック分析)を使用する)」に
チェックを入れ、「フリー項目値」にもチェックを入れます。

 設定例)
  ・フリー項目値:free1(アンケート)/固定値セット/興味あり

6378_20210218_03

これにより、
指定した短縮URLをクリックしたユーザーのみ
フリー項目の値が「興味あり」になっているので、
把握しやすくなり、

それによって、クリックした人にだけ別のメールを送ったりすることもできます。

フリー項目の値によって、メールを送り分ける方法は、
ユーザー一覧(読者一覧)画面や、一括配信時に、フリー項目の内容で絞り込むことは出来ますでしょうか?を参考にしてください。

応用的な使用例

複数のメールを配信するときに、どの記事を読んでどの記事を
読んでいないのかを知りたい場合は、
中央の項目の「固定値」を「加算」にしておくとわかりやすいです。

例えば、複数のメールで特定のURLに対して
フリー項目1に加算で「1」を設定しておくことで、
ユーザーが「今までに配信したメールでどれだけそのURLをクリックしたかを計測する」
といった使い方もできます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ