MyASPのパーソナルプラン以上でついてくる独自ドメインとは?また、ドメインの持ち込みは可能でしょうか?

マイスピーに割り当てるドメインについて、
解説させていただきます。

マイスピーに割り当てる独自ドメイン名とは

まず、
マイスピーのパーソナルプラン以上では、

1台のご契約につき、
1つのサーバー、および、ドメインを
専有してご利用いただけます。

これによって、
共用のプランよりも、
同居している他者が汚い使い方をすることで、
メールの到達率が下がってしまう影響を
回避できるようになっています。

また、他社さんでは、
解除リンクは共通のドメインになっていることもありますが、
ドメイン自体が迷惑判定される原因になってしまうと、
すべてのメールが迷惑メール行きになってしまうこともありますが、
マイスピーでは、利用者ごとに異なるドメインを持てるようになっておりますので、
そのような影響を受けることもございません。
※ただし、共用プランであるビギナープランを除きます。

ここでお話ししている、
マイスピーに割り当てる独自ドメイン名は、

・配信メールに記載する短縮URL、配信解除URL

・登録フォームのURL

・会員サイトのURL

・アフィリエイトセンターのURL

などに使用されます。

また、そのドメイン名で、

・メールアドレスを4つ発行してお渡し

しております。

なお、

メール配信に使用する差出人メールアドレス

につきましては、
このドメイン名に限らず、
ご自由に指定してご利用いただけます

マイスピーに割り当てるドメイン名は、

ご契約時に、希望候補をいただいて、
それを元に割り当てさせて頂いておりますが、

上記の通り、
メールの短縮URLや、フォームのURLなど、
表に出るものになりますので、
運営者のブランドに関係するもので、かつ、
なるべく短い文字数にするのが適しています。

会社名や、プロジェクトの名称、商品の名称など、
ピックアップしてお送りいただけましたら、
こちらで命名することも可能ですので、その際は、
キーワードをいくつか挙げていただけると助かります。

ドメインの持ち込みについて

マイスピーのご契約に際して、
既存ドメインの持ち込みも可能です。

ドメインを持ち込まない場合(通常の流れ)であれば、
ご希望のドメイン名を伺って、
弊社にてドメインを取得して、
セットアップを行います。

一方、すでに御社側で取得済みのドメインを、
マイスピーに割り当てたい場合は、
下記の手順で、セットアップを行う形になります。

方法1)弊社にドメインの管理画面のログイン情報をお送り頂き、弊社にて設定代行する場合

 ・マイスピーに割り当てるドメイン名(サブドメイン名)をご連絡いただきます。

 ・弊社にて、ドメインの設定作業を行います。

 ・その後、通常と同じ流れで、
  サーバー及びマイスピーのセットアップを行い、
  アカウント発行完了次第ご案内

 ※初回セットアップ時につきましては、追加費用は特に発生しません。

方法2)御社にてドメインの設定をされる場合

 ・マイスピーに割り当てるドメイン名(サブドメイン名)をご連絡いただきます。

 ・弊社から設定内容をお伝えします。

 ・御社にて設定を行って頂き、設定完了のご連絡

 ・ドメイン反映を確認後、
  サーバー及びマイスピーのセットアップを行い、
  アカウント発行完了次第ご案内

※ご注意

すでにWebサイトやメールアドレスを運用中のドメイン名を持ち込まれる際は、
空いているサブドメインを、マイスピーに割り当てる形になります。

例)「example.com」をすでに使用されている場合は、
空いているサブドメイン、例えば、
「m.example.com」などを
マイスピーに割り当てる必要があります。

ドメイン持ち込みのメリット、デメリット

[メリット]
・自社で運用中のドメイン名が使える
・whois情報が自社のものになる(持ち込まない場合は弊社名義になります)

[デメリット]
・通常、サブドメイン付きドメイン名での運用になる
 (ただし、他で使用されてないなければ使えます)
・ドメイン費用は御社負担(持ち込まない場合は弊社負担)
・ドメイン管理画面のログイン情報を弊社に送る必要がある(または、自社で設定作業する必要がある)
・セットアップ~アカウント発行までの所要時間は、やりとりが増える分、少し長くなります(御社の対応によりますが、半日~1日程度)
・持ち込みドメインが迷惑判定されるようになると、連動して影響を受ける

以上になりますが、
ご不明な点などございましたら、
お気軽に お問い合わせくださいませ。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ