テレコムクレジットで定期課金している場合で、決済失敗した場合は、マイスピーでは課金停止になり、購読も中止されますか?

テレコムクレジットで定期課金している場合で、継続課金のカード決済に失敗した場合は、マイスピーでは課金停止になり、購読も中止されますか?
そして再課金が成功した場合は購読も課金も復活しますか?

お客様のカードが何らかの理由で使えない状態になって課金に失敗した場合、
課金失敗時のステップメールは送ることが出来ますが、
特に何も設定しなければ、
マイスピー上の課金状態の表示(売上詳細ページ)は、ONのままとなります。
また、購読状態も購読中のままで配信停止(配信解除)はされません。
※テレコムクレジットの定期課金は、一度決済に失敗すると再引き落としは行われず、再決済されるまで停止されます。

従いまして、
マイスピー側で提供している有料サービス等(有料メールマガジンなど)がある場合は、
何かしらの手段で課金できていない人へのサービス提供を停止する必要があります。

一般的な方法は「有効期限」を使う方法です。

一括配信の際に、「有効期限」の条件で絞り込んでから、
有効期限内のユーザーにだけメールを送ったり、
ステップメールの「配信後に実行するコマンド」の機能使って、
配信解除をすることで、メール配信を停止することができます。

これは、テレコムクレジットに限らず、
他の決済代行業者(銀行振込)でも同様のことが実装可能です。

概要

マイスピーでは「有効期限」を使って、継続課金ユーザーを管理できるようになっています。

定期課金の場合、課金に成功すると、自動的に有効期限が延長されます。

 ※延長期間は、「販売設定」で変更することができます。

テレコム

テレコム2

逆に、課金に失敗して、定期決済が行われないでいますと、有効期限は更新されません。

したがいまして、課金に失敗したユーザーは、有効期限を迎えることになります。

有効期限を迎えるとどうなる?

有効期限を迎えると
会員サイトページには、ログインができなくなりますが、
ステップメールの配信や、一括配信メールの配信は、引き続き行われます。

参考資料
「有効期限」とは何でしょうか?

具体的な設定方法

一括配信メールの場合

有効期限終了日を本日以降という条件で絞り込んでいただくことで、
期限切れの人(=退会者)を除外して配信することができます。

テレコム3

ステップメールの場合

有効期限から0分後のステップメールを作成して、
配信後に実行するコマンドで、配信解除するように仕込んでおくことで、
自動で配信解除されるようになります。

テレコム4

有効期限後に再決済した人を復帰させる方法

1度、配信解除してしまった方については、
手動で「購読状態」を「解除済み」から「購読中」に戻して、
ステップメール(がある場合は)再度登録必要がありますので、ご注意ください。

参考資料
1度、メルマガの配信を途中で解除したユーザーを、続きから配信を再開することはできますか?

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ