ステップメールの配信時期や予約状態を一括で変更することはできますか?

ステップメールの配信時期や予約状態は、
ステップメール一覧の「+配信時期一括変更」から、
ステップメールグループ毎に一括で変更することができます。

画面説明

一括操作パネル

下にある「変更対象のステップメール一覧」に表示されているステップメールについて、
配信時期や予約状態などを一括で指定した設定に切り替えることができます。

番号 項目名 設定内容
ステップメールグループ 配信時期を変更する対象のステップメールグループが表示されます。

参考:ステップメールグループの仕組みを教えてください
初期状態 ステップメールの初期状態を「稼働中」または「一時停止」に一括で変更することができます。

参考:「一時停止」状態で登録したステップメールを、一括で稼働させるには?
配信時期 ステップメールの配信時期の設定を一括で変更することができます。
既存ユーザーへの配信登録 既存ユーザーへの配信登録オプションを一括で変更することができます。

参考:ステップメール編集時の「既存ユーザーへの配信登録オプション」の動作について教えてください
配信登録済みメールの変更 予約状態:
既存ユーザーへの予約状態を一括で変更することができます。

参考:「一時停止」状態で登録したステップメールを、一括で稼働させるには?

配信スケジュール延長:
設定した配信時期に対して、指定した日数分配信時期を延長させることができます。

変更対象のステップメール一覧

対象ステップメールグループに設定されているステップメールが一覧表示され、
個別に配信時期や予約状態を変更することができます。

通数 項目名 設定内容
番号 そのステップメールが何通目に設定されているかが表示されます。
件名 そのステップメールの件名が表示されます。
初期状態 そのステップメールの初期状態を「稼働中」または「一時停止」のどちらを指定します。

参考:「一時停止」状態で登録したステップメールを、一括で稼働させるには?
配信時期 そのステップメールの配信時期の設定を指定します。
10 既存ユーザーへの配信登録 変更を保存した際に、既存ユーザーへの登録方法を指定します。

参考:ステップメール編集時の「既存ユーザーへの配信登録オプション」の動作について教えてください
11 配信登録済みメールの登録 予約状態:
そのステップメールが配信予約されているユーザーの予約状態を指定します。

参考:「一時停止」状態で登録したステップメールを、一括で稼働させるには?

配信スケジュール延長:
すでに配信予約済みのステップメールの配信予定時刻に対して、延長させたい日数を指定します。

使い方

配信時間の変更方法を例にして説明します。
※初期状態や、既存ユーザーへの配信登録なども同じ方法で操作することができます

1)一括操作パネルにて、変更したい配信時期を選択し、「切替」ボタンをクリックします。

2)「変更対象のステップメール一覧」にて、各ステップメールの配信時期が
  選択した配信時間に変更されていることを確認します。

3)各ステップメールの配信日時を調整します。

4)「変更を反映する」をクリックして、設定を反映します。

5)変更処理が完了すると、「戻る」ボタンの下部に変更結果が表示されます。
また、ステップメール一覧画面に戻ると、設定した配信時期が反映されていることを確認できます。

注意事項

・設定内容を変更した場合、ページ最下部にある「⇒変更を反映する」をクリックする必要があります。
 クリックし忘れると、変更内容が反映されないのでご注意ください

・変更するステップメール数やユーザー数が多い場合、
 変更処理が完了するまでに時間がかかることがあります。
 処理中に別画面に移動したり、ブラウザを閉じると不具合が発生する可能があるので、
 ご注意ください。

・設定内容によっては、ステップメールが即時配信される可能性があります。
 設定を保存する前に、必ず設定内容を十分に確認してから更新するようにして下さい。