【はじめてのMyASP(マイスピー)メール編 その4】前に送ったメールを元にしてメールを作成してみよう!

このページでは、
 ・前に送ったメールを元にしてメールを作成してみよう!
というテーマで解説していきます。

前回の記事では、
・クリック分析機能を使ってみよう!
の方法について、解説しました。

引き続き、【はじめてのMyASP(マイスピー) メール編】では、
一括配信メールステップメールを使って

『メールを送ってみよう!』

というテーマで解説していきます。


【はじめてのMyASP(マイスピー)メール編】 ラストとなる今回のテーマは、

前に送ったメールを元にしてメールを作成してみよう!

です。

過去に送ったメールを元にしてメールを作成することで、
メールの冒頭や署名など、メール内の共通する部分を流用することができるので、
1からメールを作り直すよりも早くメールを完成させることができます!!

それでは、前日送った一括配信メールを元にして、
次の日に送るメールを配信予約するまでをやっていきましょう!

前に送ったメールを元にしてメールを送る方法

過去に配信したメールは、
「シナリオ管理メニュー」の【メール一覧】から確認することができます。

【メール一覧】をクリックすると、
このように配信予約中のメールや、配信済みのメールが一覧で表示されます。

メール一覧から、
元となる(コピーしたい)メールの【複製】をクリックします。

【複製】をクリックすると、メールの作成画面が表示されます。

元となるメールの必要な部分を変更します。

【件名】

【本文】

短縮URLの遷移先URLを変更してみよう!!

変更方法1:分析オプションの遷移先URLを直接書き直す方法

変更したい短縮URLの置き換え文字を確認する

該当する短縮URLの遷移先URLを変更する

変更方法2:メール本文に記載されたURLを

リンク挿入画面でURLを変更する

「短縮URLを使用する」のチェックを1度外して、入れ直してください。

こうすることで、今現在のメールの本文にあるURLから
短縮URLに一括で変更することができるので、
「%url2%」は、先ほど変更した「https://○○○.○○.○○」に自動的に変更されます。

ただし、この方法の場合、「クリック時のオプション」の設定もリセットされてしまうので、
再度、設定し直す必要があります。

一通り変更したら、そのメールを配信予約してみましょう!!

配信スケジュールを設定して、「⇒確認する」をクリックして配信予約します。

メール一覧に配信予約したメールが表示されたら、
メールをコピー作成し、配信予約する手順は完了です。


以上、

前に送ったメールを元にしてメールを作成してみよう!

でした!

これで、マイスピーのメール配信について
おおよその機能を覚えていただけたかと思います!!

その他にもまだまだたくさんの機能が備わっていますので、
【はじめてのMyASP(マイスピー)】シリーズで案内していた関連記事や
その他マニュアルをご参考にマイスピーを使い倒して発信していただければ嬉しいです!

【はじめてのMyASP(マイスピー)】シリーズ
【はじめてのMyASP(マイスピー)その1】はじめの一歩!
【はじめてのMyASP(マイスピー)その2】読者登録の方法と、登録されたユーザー情報を確認しよう!
【はじめてのMyASP(マイスピー)その3】メールを配信してみよう!
【はじめてのMyASP(マイスピー)その4】登録フォームについて
【はじめてのMyASP(マイスピー)その5】ステップメールに挑戦!
 
【はじめてのMyASP(マイスピー)メール編 その1】置き換え文字でパーソナライズメールを送ってみよう!
【はじめてのMyASP(マイスピー)メール編 その2】テスト送信で配信事故を減らそう!
【はじめてのMyASP(マイスピー)メール編 その3】クリック分析機能を使ってみよう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ