画面説明:HTMLエディタ

2020年8月20日のシステムアップデートより、HTMLエディタがバージョンアップしました。

旧バージョンからの主な変更点

ポイント1:プレビュー画面

送信する前にプレビュー画面でデザインを確認することができるようになりました。

ポイント2:ビジュアル&コード 切換え型エディタ

HTMLのコードを直接編集するコードエディタの
WordPressのように文章や装飾を自動的にHTMLに変換するビジュアルエディタの
2つを切り替えて使うことができるようになりました。

ポイント3:改行タグ入力の手間を解消!

ビジュアルエディタを使うことで
エンターキーだけで改行するようになりました。

ポイント4:開封率測定の簡易化!

 手順1.HTML形式でメールを作成する
 手順2.作成時にクリック分析にチェックを入れる

の2STEPで、開封率が計測できるようになりました。

画面の説明

メールの作成画面で、メール形式を「HTML形式」に切り替えると、
下図のようなメール作成画面になりました。

html3

それでは、詳しい使い方について説明していきます。

HTMLエディタの使い方

1:プレビュー画面

「プレビュー」をクリックすることで。
別タブに作成したメールがどのように表示されるかを確認することができます。

html8

なお、プレビューはテキスト形式・HTML形式どちらでも対応しています。
どちらのメール形式を選択しているかは、
プレビュー画面の「メール状態」で確認することができます。

15576-1

その他、注意点
※プレビュー画面では、置き換え文字は変換されません。
 「※※[置き換え文字の名称]に変わります※※」などの表記となります。

※「短縮URLを使用する」にチェックを入れてあった場合は、
 %url***% (https://url.jp)と表示します。
 チェックを入れていない場合は、そのままURLが表示されます。

2:コードエディタとビジュアルエディタ

HTMLのコードを直接編集するコードエディタ
文章や装飾を自動的にHTMLに変換するビジュアルエディタ

この2つを切り替えて使いやすい方を選択して使うことができます。

・コードエディタ

HTMLをご自身で書ける方や、
HTMLタグを確認しながらメールを作成したい、
すでにあるHTMLメールをそのまま使いたいという方にオススメです。

html10

html5

コードエディタでは、
ヘッダー・ボディ・フッターにそれぞれ領域を区切って作成・編集ができます。

15576-2

メール作成時に編集画面が小さい場合は、
作成画面右下をドラッグアンドドロップすることで、
本文の編集画面を拡大することができます。

ダブルクリックすることで、元のサイズにもどります。

15576-3

・ビジュアルエディタ

HTMLコードがよく分からない
見た目で確認しながらメールを作成したいという方にオススメです。

html11

ビジュアルエディタでは、
簡単な編集操作ができるようにツールバーが追加されています。

15576-4

簡単にフォントや文字色の変更や、画像の追加などの装飾ができます。
また、brタグなども書かくなくても、
 SHIFT+ENTERでBRタグで、ENTERキーだとPタグ(段落)
が、自動的に挿入されます。

3:エディタヘルプ

ビジュアルエディタ画面では、
エディタヘルプ(?のボタン)をクリックすることで、
各ボタン操作の説明を本文右側に表示させることができます。

15576-5

エディタヘルプは、メール作成時に表示したままにすることができるので、
各アイコンの詳細については、ヘルプをご活用ください。

4:Webビーコン

HTML形式を選択 かつ 短縮URL(クリック分析)を使用するだけで、
開封率を測定するためのWebビーコンを埋め込むことができます。

Webビーコンが埋め込まれている(開封率が測定できる状態)と、
「Webビーコン」の文字が黒色になります。

15576-6

その他、具体的な設定方法については、
マイスピーで配信したメールが開封されたかを簡単に確認(開封率の測定)することはできますか?をご参考ください。

補足
HTML形式 かつ 短縮URLの使用で、
「Webビーコン」は強制的に入ってしまうので、

 ・計測が不要
 ・自身のロゴ画像で計測したい(1x1の画像は使いたくない)

場合には、該当の短縮URLのチェックをオフにしてください。

注意事項

メール作成中にメール形式を切り替える場合は、十分ご注意ください。

HTML形式でメールを作成中に、
メール形式をテキスト形式に切り替えようとすると
画像のようなメッセージが表示されます。

15576-7

このとき、「タグ除去」をクリックすると、
HTML形式メール用に記載したHTMLタグがすべて取り除かれてしまい、
再度、HTML形式に切り替えた時にも復元されませんので、ご注意ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ