※本機能は、現在、ベータ版テスト参加者のみご利用いただける機能になっています
※この機能は「スタンダードプラン」以上をご契約の場合のみ利用できます。

シナリオ管理メニュー > 課金予約・履歴一覧

の「従量定期課金管理:課金予約・履歴一覧」画面では、
従量定期課金を利用したユーザーの課金履歴を確認したり、
予約状況を確認・編集することができます。

画面説明

番号 項目名 設定内容
検索パネル 指定したシナリオについて、注文IDや支払方法などからユーザーを絞り込むことができます。
操作 予約データ編集edit
※状態が予約中の場合のみ操作することができます。
「課金予約編集」画面に移動し、該当ユーザーの支払金額や課金予定日を編集することができます。

売上詳細currency_yen
「売上詳細」画面に移動し、該当ユーザーの有効期限や受領状態、売上履歴などを確認、または編集することができます。
注文ID ユーザーに割り当てられた8桁の注文IDが表示されます。
注文IDは、登録毎異なるIDが割り当てられます。
ユーザー名 従量定期課金で支払いをしているユーザーの名前が表示されます。
支払方法 該当のユーザーが支払いをしている決済代行業者が表示されます。
金額 該当ユーザーの基本となる支払金額が表示されます。
※販売設定の支払サイクルで設定した金額が表示されます。

状態 ユーザーの課金状態が表示されます。課金状態には、以下の4つがあります。

予約中:
 課金が予約中の状態です。
 課金予定日になると、自動で決済が行われます。
課金済み:
 課金予定日に決済に成功したことをさします。
課金失敗:
 課金予定日に決済に失敗したことをさします。
停止済み:
 ユーザー側、または管理者側で従量定期決済が停止された状態です。
課金予定日 課金予定日が表示されます。
予約中の決済については、1の予約データ編集から課金予定日を変更することができます。
課金完了日 実際に決済が完了した日付が表示されます。
課金失敗時や、予約中など決済が完了していない場合や、決済を停止した場合は「-」と表示されます。

課金予約編集

番号 項目名 設定内容
注文ID 商品の購入ごとに割り当てられた8桁の注文IDが表示されます。
注文IDは、登録単位で異なるIDが割り当てられます。
ユーザー名 該当ユーザーの名前が表示されます。
メールアドレス 該当ユーザーのメールアドレスが表示されます。
有効期限 該当ユーザーの有効期限が表示されます。
有効期限は、該当ユーザーの「売上詳細」画面から変更することができます。
支払方法 該当のユーザーが支払いをしている決済代行業者が表示されます。
支払サイクル 該当ユーザーが基本となる支払サイクルが表示されます。
※販売設定の支払サイクルで設定したサイクルが表示されます。
7 金額 次回の決済予定金額が表示されます。
金額を書き換えることで、次回の決済金額を変更することができます。
状態 ユーザーの課金状態が表示されます。
本画面は予約中の決済のみ編集できるため、「予約中」と表示されます。
課金予定日 課金予定日が表示されます。
日付を変更することで、課金予定日を変更することができます。
10 決済失敗時のリトライ設定 リトライ(再決済)の設定が表示されます。
周期や回数を書き換えることで、リトライのサイクルを変更することができます。

※リトライ中にリトライ設定を変更した場合は、既に失敗したリトライ回数を含んだ回数でリトライします。
例)2回リトライ失敗後、3回目のリトライの課金予約データのリトライ設定を5回にした場合、既に失敗している2回分を引いた残り3回分のリトライが行われます。

※課金予約編集画面で変更したリトライ回数は、編集した決済でのみ適用され次回決済には反映されません。
次回の決済は「販売設定」の支払方法のリトライ回数になります。
11 保存する 設定した内容を保存します。