マイスピーで配信したメールが開封されたかを簡単に確認(開封率の測定)することはできますか?

マイスピーで配信したメールが開封されたかを簡単に確認(開封率の測定)することはできますか?

開封率には、ロゴ画像やWebビーコンなどを埋め込む必要があるようですが、
HTMLタグなど、難しいことはよく分かりません。
簡単に、開封率を測定することはできますでしょうか?

2020年8月20日のシステムアップデート「HTMLエディタのバージョンアップ」により、
開封率の測定が簡単にできるようになりました。

従来通りの、ロゴ画像を使った開封率を測定したい場合は、
メールの開封確認(開封率の測定)をする方法をご参考ください。

新しいHTMLエディタを使って開封率を測定するには、
メール作成画面にて

 手順1.「メール形式」はHTMLを選択
 手順2.クリック分析にチェックを入れてメールを送る

の2つの手順を踏むことで設定できます。

これで、受信者がメールを開封することにより、
クリック分析ページでクリック数(≒開封数)に反映されるようになります。

実際にメールが開封されたかは

 ユーザー一覧(読者一覧) > メール一覧 > メールURL URL別クリック履歴

で確認することができます。

設定方法

1.「メール形式」はHTMLを選択

「メール形式」はHTMLを選択します。

open_rate_1

メールの「件名」と「本文」を入力します。

open_rate_2

2.クリック分析にチェックを入れてメールを送る

分析オプションの「短縮URL(クリック分析)を使用する」にチェックを入れます。

すると、下図のように遷移先URLとしてWebビーコン(1×1の小さな画像ファイル)の
URLが追加されます。

open_rate_5

上記のとおり、
HTML形式を選択 且つ 短縮URL(クリック分析)を使用するだけで、
開封率を測定するためのWebビーコンを埋め込むことができます。

※Webビーコンは小さな白色の画像ファイルのため、
 表示していることは目で確認できません

読者がメールを開封することでWebビーコンが読み込まれ、
クリック数(≒開封数)に反映されるようになります。

なお、
Webビーコンが埋め込まれている(開封率が測定できる状態)と、
下図のように「Webビーコン」の文字が黒色になります。

open_rate_4

補足

Webビーコンの画像は、変更することができません。

自身のロゴ画像で計測したい(デフォルトの1x1の画像は使いたくない)

場合には、該当の短縮URLのチェックを外して、
メールの開封確認(開封率の測定)をする方法で、ご対応ください。

開封結果の確認方法

メール配信後、開封結果については
「ユーザー一覧(読者一覧)」にて、対象ユーザーの「メール一覧」より確認ができます。

open_rate_6

メール開封前

読者がメール未開封の場合、
下図のように、「メール一覧」のクリックの項目は「-」の表示となります。

open_rate_7

メール開封後

読者がメールを開封した場合、
下図のように、「メール一覧」のクリックの項目は「◯」の表示となります。

open_rate_8

さらに、
「詳細」ボタンから「メールURL URL別クリック履歴」を確認すると、
下図のように、クリック数が「1」となっていることを確認できます。

open_rate_9

注意事項

読者側のメールソフトによっては、
画像が自動表示にならないこともあり、
画像が表示されなければ、
クリック数(≒開封数)としてカウントされませんので、
その点は考慮に入れておく必要があります。

ざっと確認した限りでは・・・

・Gmail:○
 (表示されるが、Gmail設定にて「外部画像を常に表示する」が選択されている必要あり)
・Yahoo!メール:○(表示される)
・サンダーバード:△(警告が出てOKを押さないと表示されない)
・iPhoneのメールアプリ:○(表示される)
・ガラケー:×(おそらく)

という状況でしたので、大部分の人には表示されることになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ