メールアドレスで最も多く使われているのはどこかご存知ですか?

2021年時点では、
1番多いのは、gmail
2番目に多いのは、Yahoo!メールです。

しかし、この2番手のYahoo!メールさんは、なかなか癖があります^^;

メールが届いたり届かなかったりすることが多々あります。

弊社が管理しているサーバーからのメール配信の状況を見ていると、
gmailよりもYahoo!メールのほうが届きにくい(迷惑メール判定されやすい)のですが、
迷惑メールに振り分けられないようにするための対策をまとめました。

迷惑メール判定されないための対策

Yahoo!メール ヘルプの、
送信したメールがYahoo!メールの[迷惑メール]フォルダに振り分けられてしまう
を見ると、

1)送信を求められていないメールを送信しない

2)メールの送信先に送信許可をもらった内容でメールの送信を行う

3)送信者名、件名がメール本文の内容にそっている

4)購読の取り消し方法を提供する

5)購読の取り消しに対して、即座に対応する

6)メールサーバーを正しく設定する

7)メールサーバーのDNSの逆引き情報を正しく設定する

8)送信ドメイン認証を正しく設定する

ということが挙げられています。

6と7については、マイスピーを使っている人であれば、
サーバーのセットアップの時点できちんと行っていますので、心配はありません。

1~5については、メールアドレスの集め方や、メール文章の書き方によりますので、
各自、迷惑メールだと思われないような配慮をしていただければと思います。

しかしながら、これらをすべてきちんと行っていても、
Yahooメールに迷惑メールと判定されてしまうことがよくあります。

それも、送る日によって、届いたり、届かなかったりすることがあります。
(全く同じ内容のメールでもです)

したがいまして、上記の設定をちゃんと行っていても迷惑メールに振り分けられてしまう場合は、
受信者側に設定・対応してもらうことが必要になります。

受信者側にしてもらうこと

まずyahooメールには、以下の機能があります。

・「迷惑メールフィルター」
 ウィルスメールや、広告メールなどの迷惑なメールを、自動的に判断し処理するというもの

これにより、迷惑メールと判断されたメールは、
自動的に「迷惑メールフォルダ」に移されたり、削除されてしまいます。

では、迷惑メールフォルダに振り分けられないようにするには、
どのように設定してもらえばいいのでしょうか。

『差出人メールアドレス』を条件にフィルターを作成してもらう

「迷惑メールフォルダ」に振り分けられてしまうメールの
『差出人メールアドレス』を条件にフィルターを作成してもらうことで、
次回から指定したフォルダにメールが届くようになります。

1.フィルター設定画面を開きます。

2.「以下の条件に該当する場合」の「From」に『差出人メールアドレス』を入力したら、
  移動先フォルダーに「受信箱」を選択し、「フォルダーの作成」ボタンをクリックします。

詳しい設定方法については、yahoo!メールヘルプ画面にて紹介されています。

『迷惑メールでない』と報告してもらう

配信したメールが「迷惑メールフォルダ」に届いてしまう場合、
受信者側が『迷惑メールでない』ボタンをクリックし、
Yahoo! JAPANに報告をしてもらうと、次回から届きやすくなります。
※報告されたメールは「受信箱」に移動します。

登録ページや登録完了後ページ(サンキューページ)、メールの案内文に、
下記のような案内を入れるのも効果的です。

————————————-
例)
yahooのメールアドレスの方はメールが届きにくくなっております。
メールが届かないと思ったら、迷惑メールフォルダをご確認いただき、
[迷惑メールでない]ボタンをクリックしてください。
次回以降のメールが届きやすくなります。
————————————-


なお、迷惑メールになってしまう原因がわからない場合、
ご相談フォームがありますので、
こちらのフォームから、迷惑メールに振り分けられてしまった受信メールの
・メールのヘッダー情報(なければ、差出人アドレスと、受信者アドレスだけでも結構です)と
・本文
を、記入して、ご相談くださいませ。

メール到達率(迷惑メールフォルダに入ってしまう等)に関する相談フォーム