SPF設定をしても『SPF NG』の警告が解消されない原因を教えてください

「SPF設定」はすでに行われているはずなのですが、『SPF NG』の警告が出ます。

MyASP専用のSPF設定を追加しても、『SPF NG』の警告が解消されません。どうしてでしょうか。

ちゃんとSPF設定をしたはずなのに『SPF NG』の警告が消えない…という時は、
まずは本マニュアルで案内しているパターンに当てはまっていないか、ご確認ください。

SPF設定をしても『SPF NG』の警告が解消されないときによくある原因

動画マニュアル

動画で見たい方はこちらをご覧ください。

原因1:MyASP専用のSPF設定がされていない

最もよくある原因としては、

MyASP専用のSPF設定『include:myasp.jp』が行われていない

ケースです。

差出人メールアドレスに使用したいドメインのDNSレコードに、

 ・「v=spf1」からはじまるTXTレコードが存在しているか
 ・「v=spf1」からはじまるTXTレコードに『include:myasp.jp』が含まれているか

を確認してください。

設定されていない場合は、
下記のマニュアルを参考に、MyASP専用の「SPF設定」を行ってください。

参考:SPF設定のススメ(設定することで到達率が良くなります)

原因2:SPFレコードが複数行設定されている

次によくある原因としては、

DNSレコードのTXTレコードに
「v=spf1」からはじまるSPFレコードが複数行ある

ケースです。

SPFレコードは原則1レコードのみの登録となります。

SPFレコードが複数行設定されている場合は構文エラーとなり、
MyASP専用のSPF設定『include:myasp.jp』が設定されていても、
SPFのチェックはエラーになります。

「v=spf1」からはじまるSPFレコードが複数行存在する場合は、
以下のような修正方法で、
「v=spf1」からはじまるSPFレコードを1レコードに統一してください。

修正例)

以下のように、TXTレコードが2個ある場合には、
—-
v=spf1 ip4:XXX.XXX.XX.X +mx ~all
—-
v=spf1 +mx include:myasp.jp ~all
—-

以下のように1レコードにまとめ、不要なレコードは削除します。
—-
v=spf1 ip4:XXX.XXX.XX.X +mx include:myasp.jp ~all
—-
※各値は半角スペースで区切ります
※値が重複している項目(例:「+mx」)は1回のみ記述します

原因3:SPFレコードの値に誤字・脱字がある

もちろん設定する値が間違っていた場合は、
SPFのチェックはエラーになりますが、

その中でもよくある原因としては、

各値の間が半角スペースが入っていない

ケースです。

DNSレコードのTXTレコードに
MyASP専用のSPF設定『include:myasp.jp』の記述を追加した際、
各値の間が半角スペースで正しく区切られていなかった場合、
構文エラーになり、SPFのチェックはエラーになります。

各値は必ず半角スペース区切りで記述してください。

設定が誤っている例)
—-
v=spf1 +mx include:myasp.jp~all
—-
※『include:myasp.jp』と『~all』の間が半角スペースで区切られていない

原因4:DNSレコードの反映が行われていない・遅い

SPF設定が反映されるまでにタイムラグがあります。

そのため
DNSレコードに反映されるまでに時間がかかっている

ケースがあります。

DNSレコードの編集情報が実際に反映されるまでにかかる時間は、
ご利用のドメイン管理会社によって異なります。

例えば、エックスサーバーやお名前ドットコム等は
複数のネームサーバーを利用している関係で
DNSレコードの反映に時間がかかることがあります。

上述の原因1~原因3が、正しく設定されていても『SPF NG』が消えない場合は、
しばらく時間をおいてから再度確認してみてください。

関連マニュアル

関連:SPF設定のススメ(設定することで到達率が良くなります)

関連:差出人メールアドレスに「外部SMTP配信」と表示されますがこれは何ですか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ