外部SMTP経由配信設定とはなんですか? また、外部SMTP経由配信設定はどんなときに利用したらいいですか。 外部SMTP経由配信設定を使用する場合、実際の設定はどのように行ったらいいですか。

外部SMTP経由配信設定とは?

マイスピーには、外部SMTPサーバーを使って配信する機能があります。 まず、「外部SMTPサーバー」とは、 例えば、 普段、ご自身のパソコンのメールソフト(メーラー)から 接続してメール送受信しているメールサーバーがその1つです。 独自ドメインのメールを取得したときに設定したレンタルサーバー(もしくは自社サーバー)や、 gmailやYahoo!メールなどの各メールプロバイダもそうですね。 通常、マイスピーでは、これらのメールサーバーを使わずに、 独自にマイスピー自身がメールサーバーとして配信を行っていますが、 外部のメールサーバーを使って配信することもできるようになりました。 マイスピー単独での配信も、到達率は高いのですが、 普段使用しているメールサーバーから配信したほうが メールが届きやすい場合があります。 (もちろん、その逆もありますが。) そのために、どうしても届かせたいメールは、 マイスピー独自の配信と、 普段使用しているメールサーバーからの配信を 併用することで(再送するなど)、 より到達率を高めることができます。

外部SMTP経由配信設定を行うには

外部のSMTPサーバーの指定は、 全シナリオ共通で指定することもできますし、 シナリオ単位で指定することもできるようになっています。 シナリオ毎に指定する場合は、 シナリオ管理メニューの 「外部SMTP経由配信設定」から設定ができます。 全シナリオ共通で外部SMTPサーバーを指定する場合は、 MyASPトップメニュー > メール共通設定(または、メール設定) の「外部SMTP設定」タブから設定ができます。

外部SMTP経由配信設定 画面の項目説明

「外部SMTP経由配信設定」画面では、 全配信を外部STMPサーバー経由で配信するだけでなく、 宛先のドメイン毎に分けて設定することもできます。
2022年1月6日のアップデートで、必要な情報がテンプレート入力された状態で
簡単に設定できるようになりました。
外部SMTP配信設定を行いたいメールアカウントを選択して、 「追加」ボタンをクリックすることで 各項目が自動的に入力された状態で設定ができます。
項目名 説明
優先度 複数のSMTP設定情報を設定している場合は、「優先度」の数字が小さいものから順に優先されます。
SMTPサーバー ホスト名 (01.example.jp) 接続先のメールサーバーを指定します。
ポート番号 (25/587/465) 接続先メールサーバーのポート番号を指定します。
認証方式 接続先メールサーバーの認証方式を選択します。
ユーザーID (アカウント名) 接続先メールサーバーのログインユーザーIDを指定します。
パスワード 接続先メールサーバーのログインパスワードを指定します。
送信元アドレス ※「指定」にチェックを入れた場合にのみ有効となります。
外部SMTPサーバー経由で配信するメールを送信する際、「送信元アドレス」に指定されたメールアドレスを「差出人メールアドレス」として配信します。
※「送信元アドレス」を指定しない場合は、配信するメール(ステップメールや一括配信メール等)に設定された「差出人メールアドレス」をそのまま送信元アドレスとしてメール配信します。
対象宛先ドメイン (ezweb.ne.jp など) (すべての場合は「*」を指定) すべての宛先を外部SMTPサーバー経由で配信する場合は「*」を指定します。 一部のドメインにのみ外部SMTPサーバー経由でメールを配信したい場合は、配信対象としたいドメインを指定します。
接続テスト 設定された外部SMTPサーバーを経由してメール配信を行い、接続テストを行います。 この際、外部SMTPサーバー設定上部に記載されている「販売者メールアドレス(ログインID)」のメールアドレス宛にテストメールが配信されます。
外部SMTPサーバーを設定した際は設定に誤りがないか、必ずこちらの接続テストボタンでご確認ください。
削除 対象行の設定情報を削除します。
+追加 新規の設定行を追加します。
⇒変更する 設定状態を保存します。 外部SMTPサーバー情報の追加や編集を行った際は必ず「⇒変更する」ボタンから情報を保存してください。
外部SMTPサーバーの「接続テスト」について
外部SMTPサーバーの接続テストボタンをクリックすると、以下のメッセージが表示されます。 「はい」をクリックすると、外部SMTPサーバー経由でメール配信テストを実行します。 接続テスト中は以下のようなアイコンが表示されています。 正常にテストが成功すると、以下のように表示されます。 テスト結果がエラーだった場合は、以下のように表示されますので、 エラーメッセージの文章を参考にパスワードや設定内容に誤りがないかご確認ください。 例えば上記のエラーメッセージの場合は、 「Username and password not accepted.」という記述があるため、 ユーザーIDもしくはパスワードに誤りがあり接続エラーになっている可能性があります。 ※エラー文章や原因は一例です。

外部SMTP経由配信設定の使用例

■設定例1:携帯に送る場合だけ変更したい場合

例えば、 携帯のアドレスに送るときだけは、 自分が保有している携帯のアドレス(i.softbank.jpのアカウント) を経由して配信する、ということも可能です。 特に携帯のメールアドレスの場合、 送信者が携帯のメールアドレスになっている場合だけしか メールフィルタの設定で、 受信しない設定にしている人も結構な割合でいますので、 こういった設定をすることで 到達率を向上させることも可能です。 追記:docomoやauでの設定について 携帯側での設定が必要になりますが、設定さえすれば送信できるようです。 携帯向けの配信が多い人は、これで到達率がグンと上がります。 設定方法は、 docomoだけに送りたい場合は、「対象宛先ドメイン」を「docomo.ne.jp」に、 auだけに送りたい場合は、「対象宛先ドメイン」を「ezweb.ne.jp」に、 softbankだけに送りたい場合は、「対象宛先ドメイン」を「softbank.jp」に、 設定されると、 対象ドメイン宛だけにSMTP設定が利用されることとなります。

■設定例2.各ドメインの設定集

通常、例えば、 メールの差出人アドレスをgmailのアドレスにして、 gmail以外のメールサーバーからメールを送ると、 「このメッセージは次のアドレスから送信されたものではない可能性があります」 という表示が出てしまいます。 これを避けるために、 gmailのメールサーバーを指定して、gmailからメールを送ることができます。 下記は、すべてのアドレス宛に対して設定されたい場合の設定集です。 個別のドメイン宛のみ設定されたい場合は、 設定例1のように、 「対象宛先ドメイン」に個別ドメインを記載することで、 個別ドメイン宛のメールだけ、 下記設定でメール送信が可能です。 すべての宛先に対して設定されたい場合は、 「対象宛先ドメイン」を「*」(半角の*)に設定します。 1.Gmailのアドレスから送る場合 2.Yahooのアドレスから送る場合 3.Hotmailのアドレスから送る場合 4.iCloudのアドレスから送る場合 5.docomoのアドレスから送る場合 6.auのアドレスから送る場合 7.softbankのアドレスから送る場合 ※優先度は数字が少ないほうが優先されます。 ※gmailなどのメールサーバーを使用して配信した場合、いくつか機能制限が出てきます。  ・エラーメールがgmailなどのアドレスに返るようになるため、自動エラーメール処理が使えなくなります。  ・差出人アドレスを別のアドレスに指定していた場合でも、使用したgmailなどのアドレスに書き換わって送信されます。 ※レンタルサーバーやプロバイダのメールサーバーを使うときの注意  メールを大量に送れないように制限されていることが多いため、  配信速度は、1分あたり10通程度を上限にして配信するようにしたほうがよさそうです。

■1.Gmailのアドレスから送る場合
■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名ssl://smtp.gmail.com
ポート番号465
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)gmailのユーザーID ※1
パスワードユーザーのパスワード ※2
送信元アドレスチェックを入れ「ユーザーID(アカウント名)」に設定したGmailアドレスを設定
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)
2段階認証の場合 【2段階認証の実施】 Googleの右上にあるログイン中のユーザーのアイコンクリックします。 「アカウント」ボタンを押し、 左側のブロック「ログインとセキュリティ」にあります、 「Googleへのログイン」へ入ります。 一番上にある「パスワードとログイン方法」のブロックにある 「2段階認証プロセス」を選びます。 あとは画面の指示に従って操作してください。 【アプリパスワード】 上記の2段階認証をONにした状態で Googleの右上にあるログイン中のユーザーのアイコンクリックします。 「アカウント」ボタンを押し、 左側のブロック「ログインとセキュリティ」にあります、 「Googleへのログイン」へ入ります。 一番上にある「パスワードとログイン方法」のブロックにある 「アプリパスワード」を選びます。 アプリを選択の部分で「その他(名前を入力)」を選択し「MyASP」としておきます。 表示されたパスワードをMyASPの外部SMTP経由配信設定のところで 通常のパスワードの代わりに設定します。 ※1・・・「@gmail.com」の有無はどちらでも可能 ※2・・・【アプリパスワード】設定時に生成されたパスワードを使用

■2.Yahooのアドレスから送る場合
■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名ssl://smtp.mail.yahoo.co.jp
ポート番号465
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)YahooID
パスワードYahooIDのログインパスワード
送信元アドレスチェックを入れ登録したメールアドレスを設定
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)

■3.Hotmailのアドレスから送る場合
■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名smtp-mail.outlook.com
ポート番号587
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)設定したメールアドレス
パスワード設定したパスワード
送信元アドレスチェックを入れ登録したメールアドレスを設定
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)
Hotmailの場合は、outlook.live.com にログイン後、下記設定を行う必要があります。  画面右上の 歯車マーク → オプション を選択し、  メール > アカウント > POPとIMAP で  「デバイスやアプリでPOPを利用する」を「はい」にして「保存」

■4.iCloudのアドレスから送る場合
■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名smtp.mail.me.com
ポート番号587
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)icloudのメールアドレス
パスワード下記※1参照
送信元アドレス下記※2参照
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)
※1 パスワードは、Appleアカウントにログイン後、    セキュリティより、App用パスワードの生成をしてそれをお使いください。 ※2 送信元アドレスの指定チェックを入れて、icloudのメールアドレスを入力してください。 詳しくは下記アップルのヘルプをご参照下さい。 iCloud メールクライアント向けのメールサーバ設定

■5.docomoのアドレスから送る場合
■事前準備 ・ドコモメール対応機種のスマホで「SPモード」のメールアドレスを取得する。 「SPモード」のメールアドレスも「iモード」のメールアドレスも、どちらも「○○○@docomo.ne.jp」となっていますが、実は別物のようです。 通常のガラケーは、「SPモード」ではなく、「iモード」のメールアドレスのため、ドコモメールが使えませんのでご注意ください。 ・また、ドコモメールサービスを、ドコモメールアプリ以外の環境でご利用いただく場合、dアカウント利用設定を行う必要があります。  詳細は下記参考リンクをご覧ください。 参考: ドコモメール その他のメールアプリからのご利用 https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_mail/other/index.html ■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名ssl://smtp.spmode.ne.jp
ポート番号465
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)お客様のdocomo ID
パスワードお客様のdocomo IDパスワード
送信元アドレス指定にチェックを入れ、上記アカウントで使用できるメールアドレスを指定
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)

■6.auのアドレスから送る場合
■事前準備 ・iPhoneでauサイトにログインして、  「手動受信設定」を行い、「設定情報送信」する  参考:  https://support.google.com/mail/forum/AAAAhuJmquw4cHgjln83IA/?hl=lv  アンドロイドの場合は、UserAgentをiPhoneに偽装することで、  その後は同様の手順でできるようです。 ■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名smtp.ezweb.ne.jp
ポート番号587
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)auから発行されたユーザー名
パスワードauから発行されたパスワード
送信元アドレス指定にチェックを入れ、auから発行されたメールアドレスを指定
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)

■7.softbankのアドレスから送る場合
■事前準備 ・iPhone用のメールアドレス(○○○@i.softbank.jp)では、特に設定不要でメールサーバーが使えます。 ※○○○@softbank.ne.jpのメールアドレスの場合は、 「 S!メール(MMS)どこでもアクセス」(月額300円/税別) のオプションに加入する必要があるようです。  (訂正:MMSどこでもアクセスは、「メールの送受信はMy SoftBank内の専用サイトで行う形となり、メールソフト上での設定は行えない。」とのことで、softbank.ne.jpアドレスでは、SMTP配信は不可のようです。) ■外部SMTP設定:設定内容
優先度10
SMTPサーバーホスト名smtp.softbank.jp
ポート番号587
認証方式SMTP認証
ユーザーID(アカウント名)メールアドレスの「@i.softbank.jp」より前の部分
パスワード(パスワード)
送信元アドレス「指定」にチェックを入れて、メールアドレスを入力
対象宛先ドメイン*(半角の「*」)