ステップメールをバックナンバー公開することは可能でしょうか?

ステップメールを読んでくださってる読者の方に、バックナンバーの公開をしたいのですが可能でしょうか?
読んだもののみ公開されていくようなカタチが希望です。

2019年10月3日のMyASPアップデート以降から、
ステップメールをバックナンバー公開できるようになりました。

ステップメールをバックナンバー記事として公開することで、
例えば、メールサーバーの容量不足、送受信のエラー等で
メールを受け取ることが出来なかったユーザー(読者)や、
メールが埋もれてしまっているユーザー(読者)にも、
バックナンバーページから、過去のメルマガ(ステップメール)を
閲覧してもらうことができます。

なお、通常のステップメール同様、
ユーザー毎に異なるタイミング(配信日時に応じた)
バックナンバーページに公開されるため、
リアルタイムに記事が追加されていく形になっています。

本マニュアルではステップメールを
バックナンバーとして公開するための設定についてご案内します。

■前提知識 / 関連マニュアル
ステップメールではなく、通常の一括配信メールをバックナンバー公開したい場合は、
下記のマニュアルをご覧ください。

一括配信メールをバックナンバー公開することは可能でしょうか?

ステップメールをバックナンバー公開する方法

方法1:ステップメールの編集画面から 公開/非公開 に変更する

MyASPの

 シナリオ管理メニュー > 自動返信・ステップ管理

からバックナンバー公開を行いたいステップメールの編集画面を開き、

 同時投稿オプション

にある『バックナンバー公開(配信したメールをWebで公開する)』にチェックを入れます。
※バックナンバー公開したくないステップメールは、チェックを外します

backnumber1

方法2:配信後のステップメールから 公開/非公開 に変更する

ステップメールの配信履歴画面からでも 公開/非公開 を切り替えることができます。
その場合には、

 シナリオ管理メニュー > ユーザー一覧 > メール一覧(青いメールアイコン)

より、配信したステップメールの『⇒詳細』をクリックします。

「メール配信履歴詳細(ユーザー毎)」ページにて、
『+詳細情報』の中にある「バックナンバー公開状態」より
現在の公開状態の確認と 公開/非公開 の切り替えが行なえます。

また、バックナンバーページへのリンクURLも確認できます。

backnumber2

なお、本機能のリリース前(2019年10月3日)
に作成されたステップメールは、すべて『非公開』となっています。

既存のステップメールをバックナンバーに公開したい場合は、
ステップメールの編集画面より

 同時投稿オプション > 『バックナンバー公開(配信したメールをWebで公開する)』

にチェックを入れ、ステップメールを保存することで公開することができます。

ユーザー(読者)にバックナンバーページを案内する方法

ステップメールや一括配信メールで
バックナンバーへのリンクURLを案内したい場合は、

  置き換え文字の挿入 > シナリオ情報

から、

「バックナンバー一覧URL(%back_number_url%)」
「このメールのバックナンバー記事URL(%back_number_url_this_mail%)」

をメール本文に挿入することでユーザー(読者)に案内する事ができます。

backnumber3

・「バックナンバー一覧URL(%back_number_url%)」

バックナンバー一覧へのページURLが置き換えされます。
「置き換え文字」で挿入される一覧ページのURLは、
ユーザーごとの専用ページです。

バックナンバーに公開設定している
・ステップメール
・一括配信メール
の2種類が表示されます。

・「このメールのバックナンバー記事URL(%back_number_url_this_mail%)」

置き換え文字を挿入して配信したステップメールが
バックナンバーに公開する設定になっていた場合、
バックナンバーのメール詳細ページへのリンクURLが置き換えされます。

バックナンバーには非公開のステップメールで
「このメールのバックナンバー記事URL(%back_number_url_this_mail%)」
の置き換え文字を挿入した場合、
メール本文にはリンクURLは表示されず
「(バックナンバー非公開)」と表示されます。

※注意点
シナリオ管理メニューにある「バックナンバーページの表示」から確認できる
バックナンバーページでは、
バックナンバーを公開する設定をした一括配信メールのみ表示されます。

ステップメールを含んだバックナンバー一覧ページのURLを案内したい場合には、
必ず「バックナンバー一覧URL(%back_number_url%)」の置き換え文字をご利用ください。

補足

特定のユーザー(読者)にのみステップメールのバックナンバーを公開したい場合

バックナンバーに公開した場合、URLを知っている人であれば、誰でも閲覧できてしまいます。

もし、特定のユーザー(読者)のみ、メルマガ購読者のみに閲覧を許可したい場合には、
「会員サイト」機能をご利用ください。

1:ステップメールに対応する会員サイト記事を用意しておきます。

2:各記事の公開時期を、
  ステップメールの配信スケジュールと同じように設定しておきます。

3:会員サイト記事の内容は、ステップメールと同じものを貼り付けます。

4:バックナンバーを公開したいユーザー(読者)にだけ
  会員サイトのURL情報とログイン情報を案内します。

これにより会員サイトを公開限定つきのバックナンバーページとして利用することが出来ます。

その他、会員サイトの使い方については、
会員サイトがどのようなものなのか分かりません。会員サイトについて教えてください。
をご参考ください。

ユーザーごとに 公開/非公開 を設定したい場合

バックナンバーに「公開」しているステップメールであれば、
ユーザーごとに 公開/非公開 の設定を切り替えることもできます。

ユーザーごとに 公開/非公開 を変更したい場合は、

 シナリオ管理メニュー > ユーザー一覧 > メール一覧(青いメールアイコン)

より、配信したステップメールの『⇒詳細』をクリックします。

「メール配信履歴詳細(ユーザー毎)」ページにて、
『+詳細情報』の中にある「バックナンバー公開状態」より
ユーザーごとの 公開/非公開 の切り替えが行なえます。

backnumber5

ステップメール自体が「非公開」設定になっている場合は、
ユーザーごとの 公開/非公開 設定は行なえません。
backnumber6

【関連リンク】
一括配信メールをバックナンバー公開することは可能でしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ