「Stripe決済の導入~販売設定の流れ」

ここではStripe決済を導入するまでの設定方法をご説明します。
※2019/12/20のアップデートで追加された機能になります。

Stripe自体に関するご不明点などは、Stripeサポートへお問い合わせください。
こちらのStripeお問い合わせフォームからお問い合わせいただけます。
※Stripeにログインしてからお問い合わせください。

・Stripeアカウントの作成

Stripeのアカウント作成画面からアカウントを作成します。

アカウントを作成すると、登録したメールアドレス宛に以下のような確認メールが届きますので、「メールアドレスを確認」を押してください。
stripe_create_account
Stripeのダッシュボードに遷移します。
以下のように「メールアドレス〇〇を確認しました」と表示されていれば完了です。

stripe_create_account2

・本番環境利用の申請

Stripeのダッシュボードで「本番環境利用の申請」をクリックします。
stripe_create_account3

画面表示に従い申請情報を入力します。
stripe_create_account5

申請が完了すると、以下のような完了メールが届きます。
stripe_create_account4

・設定方法

初期設定

1. MyASPトップ画面 > 全体操作メニュー > 決済連携設定 をクリックします。

「Stripe決済の導入~販売設定の流れ」

 

2.「決済連携設定」画面で、「Stripe決済の使用」にチェックを入れます。

stripe_ep1

 

3.Stripeのダッシュボードにログインし「Webhookエンドポイント」を追加します。

3-1.「エンドポイントを追加」ボタンをクリックします。

「Stripe決済の導入~販売設定の流れ」

 

3-2.「エンドポイントURL」「説明」の欄を入力して、「すべてのイベントを受信」をクリックします。入力する値は下図のようにマイスピーの「決済連携設定」画面に表示されています。

13684_20210122_02

 

「決済連携設定」画面の表示箇所
13684_20210122_01

 

StripeのWebhookエンドポイント追加画面で「バージョン」の選択肢が表示されることがあります。表示された場合は「最新のAPIバージョン」を選択してください。

4.「決済連携設定」画面で、必要な情報を入力します。

4-1.「公開可能キー」と「シークレットキー」を入力します。入力する値は下図のようにStripeのダッシュボードの「APIキー」画面に表示されています。

stripe_ep3

 

「APIキー」画面の表示箇所
stripe_payconfig41_2
「テストデータを表示」をクリックすることで、テストAPIキーを表示することができます。テストAPIキーをマイスピーに設定すると実際に課金されることなく動作確認をすることができます。なお、テストAPIキーでは以下に記載されているテストカードのみで決済可能です。https://stripe.com/docs/testing#cards
※注意※
テストモードで動作確認をする場合、本番モードとは別にテストモード用にWebhookエンドポイントを作成する必要があります。作成忘れにご注意ください。
※注意※
Stripeの本番モードのシークレットキーは初回のみ表示されます。「APIキー」画面から移動すると「sk_live_…fHlv」というような省略表記になりますが、省略表記のシークレットキーはマイスピーに登録できません。シークレットキーの値を忘れた場合は「APIキー」画面でシークレットキーを再作成してください。

 

4-2.「署名シークレット」を入力して、『⇒更新する』をクリックします。入力する値は下図のようにStripeのダッシュボードの「Webhook」画面で確認します。
stripe_ep4

 

左メニューの「Webhook」をクリック、作成したエンドポイントをクリックします
13684_20210118_01

「クリックして表示」をクリックすると署名シークレットを確認することができます
13684_20210118_02

 

販売設定(支払方法)の追加

5.「2.の決済連動設定」の設定をすることで、
   シナリオ管理メニュー > 販売設定 画面の
  「支払方法」でStripe決済を選択できるようになります。

stripe_payconfig12

 

5-1.「一括支払い」の設定をする場合、下図のように料金を設定してください。

stripe_payconfig13商品画像URLを設定するとStripe決済画面に画像を表示することができます。
https://から始まる画像のURLを設定してください。画像サイズの上限は5MBです。

 

「販売設定」を追加することで、登録フォームにも反映されます。
「Stripe決済の導入~販売設定の流れ」

 

5-2.「定期支払い」の設定をする場合、下図のようにStripeのダッシュボードで作成した商品のAPI ID(旧:プランID)を設定してください。

stripe_payconfig141_2
課金回数オプションについてはこちらのマニュアルをご参考ください。
Stripe決済で分割払いをすることはできますか?

 

5-2ー1.API IDは以下の手順で商品を作成することで取得できます。

商品メニューから商品画面を表示し、「商品を追加」をクリックします。
stripe_payconfig15
価格と請求期間を指定し、「商品を保存」をクリックします。
stripe_payconfig16
※注意※
「使用量が計測されます」にはチェックをしないでください。
チェックを入れるとStripeの課金が従量課金モードになります。
マイスピーでは対応していませんので正常に連携が行なえません。

 

5-2ー2.商品を作成すると詳細画面が表示されます。

stripe_payconfig17

price_から始まる文字列がAPI IDです。
このIDを販売設定画面に入力してください。

※注意※
API IDには、料金体系欄の「price_」からはじまるIDを設定してください。
詳細欄の「prod_」からはじまるIDを設定していると
エラーになり正常に連携が行なえません。
※注意※
2020年5月以前に作成されたStripeアカウントでは、Stripeダッシュボードの表記が異なり、API IDが見つからない場合があります。その際は、Stripeダッシュボードで Billing > 商品 > 商品詳細 > 料金プランと遷移し、詳細欄に表示されている「plan_」からはじまるIDを設定してください。

 

・設定後の流れ

登録フォームの確認

 シナリオ管理メニュー > 登録ページの表示

をクリックすると、登録フォームが表示されます。
ここで申し込むと、Stripeの画面に遷移して、決済まで出来るようになっています。

自動返信メール

MyASPではユーザーの購入ステップにあわせてメールを配信することができます。

 シナリオ管理メニュー > 自動返信・ステップ管理

から、
それぞれの自動返信メール(ステップメール)が
設定できるようになっています。

ステップメールの詳細は下記の通りです。

項目 内容
申込時(支払前) 申込後、決済前に送るメールを設定します。決済完了するとメールは送られずに消えますので、請求メール等に使用します。
本登録完了時 決済完了後の自動返信メール・サンキューメールを設定できます。
本登録中 メインのステップメールを設定できます。
月毎課金更新時 2回目以降の課金完了時に送る自動返信メールを設定できます。
月毎通知 1回目を含む、課金完了時に送る自動返信メールを設定できます。
配信解除時 配信解除時のステップメールを設定できます。
Stripe関連 課金失敗時や定期支払いキャンセル時のメールを設定できます。

各ステップメールの設定に関しては下記の関連マニュアルをご参考ください。

関連マニュアル:
・マイスピーで有料商品を販売する方法~STEP1:銀行振り込み(一括支払)の場合
  > 4.自動返信メールの設定をする

・マイスピーで有料商品を販売する方法~STEP2:銀行振り込み(定額支払・分割支払)の場合
  > 4.自動返信メールの設定をする

PayPalの定期課金が停止したら、自動的にメール配信を停止することは可能でしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ