複数のLP(登録ページ)を用意した場合に、どちらから登録されたかを見分けることはできますか?

※現在は、リファラ―URLを自動保存していますので、
「ユーザー一覧」または「売上レポート」画面で
「登録フォームURL」と「登録フォーム前ページURL」で簡単に見分けることができるようになっています。

また、通知メールにも申込ページのURL、アクセス元ページのURLが記載されます。


複数のLP(ランディングページ)を用意する場合、
どちらか入ってきたかを見分けるには2つの方法があります。

1)複数の入り口用シナリオを作って、登録元シナリオで見分ける方法
2)1つのシナリオで登録項目の隠しデータを使う方法

————————————-

1)複数の入り口用シナリオを作って、登録元シナリオで見分ける方法

1つは、登録元シナリオを分ける方法です。

例えば、メルマガ(シナリオ)を3つ下記のように作成しておき、

シナリオA:メインメルマガ
シナリオB:登録フォーム1
シナリオC:登録フォーム2

としておいて、

LP1→シナリオAの登録フォームURL
LP2→シナリオBの登録フォームURL

となるように設置します。

このようにすることで、
入り口によって分けて管理することができます。

なお、シナリオBとシナリオCから、
同時登録シナリオ設定で、
シナリオA(メインメルマガ)に自動登録されるようにしておくことで、
どちらのフォームから登録があっても
メインメルマガに登録されるようになります。

————————————-

2)1つのシナリオで登録項目の隠しデータを使う方法

もう1つは、登録項目の隠しデータを使う方法です。

こちらの場合、シナリオ(メルマガ)は、1つだけで済みます。

シナリオA:メインメルマガ

を用意しておき、

「登録項目設定」で
「フリー項目1」の使用にチェック、必須は外します。

「フリー項目1」の種類は「隠しデータ」にします。

LP1にフォームタグを貼り付ける際に、
フリー項目1(free1)のinputタグのvalueの初期値に”LP1″を入力しておきます。
(隠しデータは、inputタグのtype=hiddenのため、非表示になります)

一方、LP2にフォームタグを貼り付ける際には、
フリー項目1(free1)のinputタグのvalueの初期値に”LP2″を入力しておきます。

これで、読者一覧(ユーザー一覧)画面で、
フリー項目1に入っている値でどちらのLPから入ってきたかを見分けることができます。

また詳細検索で、
フリー項目1に入っている値で検索することで、
絞り込み表示することもできます。

————————————-

※関連する機能:スタンダードプラン(旧称 VIPプラン)の紹介機能(アフィリエイトセンター機能)では、どのアフィリエイターさん(パートナーさん)からの紹介で登録があったかを紐付けて管理することができます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ